蓄電プロジェクト

掲載日:2021年3月25日

蓄電プロジェクト

神奈川県では、「創エネ」、「省エネ」及び「蓄エネ」の取組を総合的に進め、それらを組み合わせて効率的なエネルギー需給を地域において実現する「かながわスマートエネルギー構想」を推進する中で、「蓄エネ」の取組の一つとして、再利用した車載リチウムイオン電池と太陽光発電設備を組み合わせた蓄電システムの開発・普及を目指す「蓄電プロジェクト」に取り組みました。この「蓄電プロジェクト」の第一歩として、県内民間企業との連携により、実証試験システムを運用しました。(平成24 年3月1日開始)

実証試験の概要

 再利用した車載リチウムイオン電池と太陽光発電設備を組み合わせたシステムの実用化に向けた取組を推進するため、県内民間企業と連携し、県有施設において実証試験を実施しました。

システムのイメージ図

 <システムのイメージ図>

協力企業

設置施設

  • 横須賀三浦地域県政総合センター(3月1日運用開始) 

 (横須賀市日の出町2-9-19 横須賀合同庁舎)

太陽光パネル

 <太陽光パネル>

蓄電池

 <蓄電池>

  • 産業技術センター(3月5日運用開始)

(海老名市下今泉705-1)

太陽光パネル

 <太陽光パネル>

蓄電池

 <蓄電池>

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa