県補助金を活用した燃料電池フォークリフト用水素供給設備が初めて導入されます!

掲載日:2019年9月13日
2019年09月13日
記者発表資料

県では水素社会の実現に向け、水素エネルギーの普及を促進するため、燃料電池フォークリフト用水素供給設備導入に対する補助制度を今年度から設けています。このたび、制度開始後、初めて補助先が決定しましたので、お知らせします。

1 募集

(1) 申請受付期間:令和元年7月22日(月曜日)から令和元年8月9日(金曜日)まで

(2) 応募事業者数:1事業者

2 交付決定内容

(1) 事業者:大陽日酸株式会社

(2) 実施場所:大陽日酸株式会社川崎水江事業所(川崎市川崎区水江町3丁目3番)

(3) 交付決定額:20,000,000円

(4) 整備予定時期:令和2年2月頃

(5) 導入設備の概要:太陽光パネルから得られた電力(64kW)を利用し、水の電気分解により発生させた水素ガスを事業所内の燃料電池フォークリフトに充填できる設備。

zu

問合せ先

神奈川県産業労働局産業部エネルギー課

課長 武川
電話 045-210-4101

次世代自動車グループ 笠井
電話 045-210-4133