エネルギーの地産地消を推進します!「分散型エネルギーシステム導入費補助」のお知らせ

掲載日:2018年5月24日
2018年05月24日
記者発表資料

県では、エネルギー自立型の住宅やビル、街の実現を目指し、エネルギーの地産地消を進めています。
この一環として、高いエネルギー効率と省エネ性能を有するガスコージェネレーションシステム等で生産されるエネルギーを複数の建築物の間で共同利用する取組について、県がその導入費を一部補助します。本日から補助事業者の公募を開始しましたので、お知らせします。

【分散型エネルギーシステムにおけるエネルギーの共同利用のイメージ】

面的利用のイメージ図です。

ガスコージェネレーションシステム等により生産される電気及び熱(蒸気や温水等)を、電力自営線又は熱導管を利用して複数の建築物の間で効率的に融通・共同利用する。

1 分散型エネルギーシステム導入費補助事業の概要

(1)公募する事業

県内の事業所にガスコージェネレーションシステム等の分散型電源を中心とした発電システムを導入し、生産するエネルギーを複数の建築物の間で効率的に共同利用する事業

(2)事業の主な要件(次のすべてを満たすこと)

ア 分散型電源により生産される電気・熱を複数の建築物の間で共同利用すること
イ ガスコージェネレーションシステムまたは燃料電池(熱電併給型)を設置すること
ウ 電力自営線又は熱導管を設置すること

(3)応募者の要件

法人(地方公共団体等を除く)
※ 複数企業の共同申請も可能です。

(4)補助事業者の選考方法

ヒアリング後、有識者等で構成する選考委員会による評価を経て、県が予算額の範囲内で採択します。

(5)補助額、補助対象経費及び補助上限額

補助額は補助対象経費の3分の1以内、補助上限額は次のとおりです。

 
補助対象経費 補助上限額
設計費 1,700万円
設備費
工事費

2 応募書類の提出のスケジュール

平成30年5月24日(木曜日)から平成30年6月22日(金曜日)17時まで
※ 公募要領は、「平成30年度 分散型エネルギーシステム導入事業」のHPからダウンロードできます。

URL:http://www.pref.kanagawa.jp/docs/e3g/cnt/f417702/p944481.html

問合せ先

神奈川県産業労働局産業部エネルギー課

課長 清水
電話 045-210-4101

分散型エネルギーグループ 辻
電話 045-210-4076