燃料電池フォークリフト用水素供給設備への補助を開始します!

掲載日:2019年7月22日
2019年07月22日
記者発表資料

県では水素社会の実現に向け、水素エネルギーの普及を促進しています。このたび、水素を燃料とする燃料電池フォークリフトの稼働に不可欠な水素供給設備の導入を支援する「水素供給設備導入事業費補助金」を創設し、本日から受付を開始しましたので、お知らせします。

1 申請受付期間

令和元年7月22日(月曜日)から令和元年8月9日(金曜日)まで

2 補助額

上限2,000万円/件

3 予算額

2,000万円

4 補助対象経費

設備機器費、設計費、設備工事費等

5 補助額の算出方法

(1)二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金※を利用
補助対象経費の1/8
※ 太陽光発電等の再生可能エネルギーを活用して水の電気分解などで水素を製造し、充填する設備の導入に対する環境省の補助金(補助対象経費の3/4補助)

1kankyoushou.jpg

(2)(1)以外
補助対象経費の1/3<全国初>

21igai.jpg

6 申請受付方法(郵送のみ受付)

【送付先】〒231-8588 横浜市中区日本大通1
神奈川県産業労働局産業部エネルギー課次世代自動車グループあて
【申請様式】本日より県ホームページからダウンロードできます。
URL:http://www.pref.kanagawa.jp/docs/e3g/cnt/f460114/suisokyoukyuu.html

問合せ先

神奈川県産業労働局産業部エネルギー課

課長 武川
電話 045-210-4101

次世代自動車グループ 笠井
電話 045-210-4133