エネルギーの地産地消を推進します!分散型エネルギーシステム導入事業の採択事業が決定!

掲載日:2019年7月30日
2019年07月30日
記者発表資料

県では、エネルギー自立型の住宅やビル、街の実現を目指し、エネルギーの地産地消を進めています。その取組の一環として、高いエネルギー効率を有するガスコージェネレーションシステム等の安定した分散型電源を導入し、生産されるエネルギーを複数の建築物の間で共同利用する取組を支援するため、分散型エネルギーシステム導入事業の公募を行い、このたび、モデル事業を採択しましたので、お知らせします。

1 採択事業者

平成31年4月18日(木曜日)から令和元年5月15日(水曜日)17時まで公募を行ったところ、1件の応募があり、次のとおり採択事業者を決定しました。

代表事業者:三井住友ファイナンス&リース株式会社

共同事業者:東邦化学工業株式会社

2 モデル事業の概要

(1) 実施場所

東邦化学工業株式会社追浜工場(横須賀市浦郷町)

(2) 実施内容

1,700kW級ガスコージェネレーションシステムを導入し、発電した電気は工場に隣接する研究所にも送電し、工場及び研究所の大幅な系統電力の削減を行います。排ガスボイラで最大限廃熱を回収し、既存蒸気ボイラの稼働を低減することにより省エネルギー、省CO2を実現します。

※ なお、本事業は平成30年度に設計費を対象として県の採択を受けており、令和元年度は設備費及び工事費を対象として採択を受けるものです。

(3) 事業の特徴

ア ガスコージェネレーションシステムの更新に合わせた電力・蒸気の面的利用拡大

  • 既存のガスコージェネレーションシステム(1,200kW級)を発電容量の大きなもの(1,700kW級)に更新します。
  • 公道を挟んで工場に隣接する研究所に新たに自営線を敷設し、発電電力は工場だけでなく研究所にも供給します。
  • 発電サイトの廃熱を回収して生じた蒸気は、工場および既設の蒸気配管を通じて研究所に供給し、電気・蒸気の面的利用の拡大を図ります。

イメージ図

イ 事業継続性の向上に寄与するエネルギー多重化システム

  • 系統電力の停電時には、ガスコージェネレーションシステムを最大限活用し、事業継続を図ります。
  • 貫流ボイラが故障した時には、ガスコージェネレーションシステムの蒸気を最大限活用し、事業継続を図ります。

問合せ先

神奈川県産業労働局産業部エネルギー課

課長 武川

電話 045-210-4101

分散型エネルギーグループ

濱田

電話 045-210-4076