平成27年度 地域電力供給システム整備事業

掲載日:2018年3月10日

掲載日:2016年2月10日

東海大学柔道部寮太陽光発電所が開所しました

株式会社東芝及び芙蓉総合リース株式会社による電力の地産地消推進事業の一環として、東海大学柔道部寮の屋根貸しによる太陽光発電所が開所しました。

この発電所は、平成28年4月からの電力小売全面自由化に合わせて、(株)東芝が屋根を貸すと電気代が安くなる「全国初」のモデル事業として運営するものでもあります。

東海大柔道部寮太陽光発電所全景

開所式には、黒岩知事や(株)東芝及び芙蓉総合リース(株)の役員、東海大学の山田学長やロサンゼルスオリンピック柔道競技無差別級の金メダリストである山下副学長、東海大学出身で東芝ラグビー部の三上選手など多くの関係者が出席し、テープカットを行いました。

テープカット

今後、(株)東芝は、芙蓉総合リース(株)と協力し、この発電所をはじめとする県内の太陽光発電設備等の分散型電源から、できる限り多くの電力を調達するとともに、より多くの県内の需要家の確保に努めていただきます。

(株)東芝による電力の地産地消の取組などについてご興味をお持ちいただいた方は、以下の(株)東芝のHPをご覧ください。

(株)東芝のHP

掲載日:2016年1月14日

県、湘南電力株式会社及び株式会社エナリスの3者は共同記者会見を行いました

県、湘南電力株式会社及び株式会社エナリスの3者は「電力の地産地消推進事業の取組に関する協定書」 [PDFファイル/78KB]の締結について広く県民の皆様にお知らせするため、共同記者会見を行いました。(右:黒岩知事、左:村上憲郎湘南電力株式会社代表取締役兼株式会社エナリス代表取締役)

知事と村上代表取締役が協定書を掲げている写真

共同会見には、黒岩知事と村上代表取締役の他、株式会社湘南ベルマーレ代表取締役の真壁潔様にもゲストとして参加いただきました。(株)湘南ベルマーレは湘南電力(株)の設立にあたり出資しており、湘南電力(株)の売上の一部は(株)湘南ベルマーレが湘南エリアなどで行う地域貢献活動の資金として地域へ還元し、地域の活性化に役立てられています。

知事、村上代表取締役、眞壁代表取締役3者による握手

今後、この協定に基づいて、湘南電力(株)は、(株)エナリスと協力し、県内の太陽光発電設備等の分散型電源から、できる限り多くの電力を調達するとともに、より多くの県内の需要家の確保に努めていただきます。

湘南電力(株)の電力地産地消の取組のスキーム図 [PDFファイル/288KB]

湘南電力(株)による電力の地産地消の取組などについてご興味をお持ちいただいた方は、以下の湘南電力(株)のHPをご覧ください。

湘南電力(株)のHP

掲載日:2016年1月14日

地域で生まれた電気を地域で使う取組を事業者と連携し進めていきます

地域電力供給システム整備事業※に採択された各事業者(「株式会社エナリス及び湘南電力株式会社」と「株式会社東芝及び芙蓉総合リース株式会社」)と神奈川県は、電力の地産地消の取組について補助事業終了後も継続して進めていくため、それぞれ「電力の地産地消推進事業の取組に関する協定書」を締結し、連携して取り組んでいます。

神奈川県、株式会社エナリス及び湘南電力株式会社の協定書 [PDFファイル/78KB]

神奈川県、株式会社東芝及び芙蓉総合リース株式会社の協定書 [PDFファイル/77KB]

(※地域電力供給システムとは) 新電力が、太陽光発電設備などの地域の分散型電源を確保し、情報通信技術(ICT)や蓄電池等を活用して地域の電力需要を効果的に管理しながら、既存の送電網を使用して、地域の事務所や店舗などの複数の需要家に電力を供給するシステム

掲載日:2015年9月16日

平成27年度の事業計画の公募と採択について

県では、以下のとおり、(第1期)の公募期間中に応募のあった事業計画につき、選考委員会での審査を経て実施する事業を採択しました。

(記者発表のページ)
エネルギーの地産地消を推進します!「分散型エネルギーシステム導入事業」、「地域電力供給システム整備事業」の採択事業が決定しました!!

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。