EV・PHVタウン

掲載日:2018年2月23日

「EV・PHVタウン」とは、経済産業省が主体となって、運輸部門における低炭素社会の実現を目指し、電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド自動車(PHV)の本格普及に向けた実証実験のためのモデル事業です。

平成21年3月31日に、神奈川県は、第一期「EV・PHVタウン」の広域実施地域に選定されました。なお、平成22年12月には、10自治体が第二期EV・PHVタウンとして追加選定されています。

※ 神奈川県では、EVに特化した取組を行っており、この「EV・PHVタウン」の取組についても、EV普及の取組に特化した内容となっています。


EV・PHVタウン推進アクションプラン(平成21年9月)

EV・PHVタウン推進マスタープラン(平成22年3月)

(参考)経済産業省・EV・PHV情報プラットフォーム

経済産業省では、EV・PHVに関する情報のワンストップ窓口となる「EV・PHV情報プラットフォーム」をホームページ上に開設しています。

EV・PHV情報プラットフォーム(経済産業省ホームページ)


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる