令和2年度神奈川県分散型エネルギーシステム導入事業

掲載日:2020年6月8日

新着情報

事業計画の公募について

県では、令和2年度神奈川県分散型エネルギーシステム導入事業の公募を開始しました。

なお、事業の実施に当たっては、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、手洗い、咳エチケットの励行等に加え、「3つの密(密閉・密集・密接)」を避けてください。

<事業者の方へ>

屋内での工事等にあたっては、マスクを着用し、手指消毒を十分した上で、「3つの密(密閉・密集・密接)」を避けて施工してください。

1 分散型エネルギーシステム導入事業の公募

(1)応募者の要件

法人(公共法人を除く)

(2)公募する事業

県内の事業所にガスコージェネレーションシステム等の分散型電源を中心とした発電システムを導入し、生産するエネルギーを複数の建築物の間で効率的に共同利用する事業です。

(3)事業の主な要件

 分散型電源により生産される電気・熱を複数の建築物の間で共同利用すること

 ガスコージェネレーションシステム(停電対応型)または燃料電池(熱電併給型)を設置すること

 熱導管または電力自営線を設置すること

(4)選考方法

下記の選考方法により、採択されたものが補助対象となります。

応募書類を評価項目ごとに評価して、合計点が高い順に予算額の範囲内で事業計画を選考します。

評価項目

評価内容

代表事業者の経営状況

代表事業者の経営状況は安定しているか。

事業の実施体制

本事業を効果的に実施できる体制がとられているか。

事業の実施スケジュール

本事業を着実に実施できるスケジュールが設定されているか。

補助対象機器の設置工事等を行う事業者について

県内に本社又は支店等の事業所を有する中小企業が設置工事等を行うこととしているか。

安定した分散型電源の導入及びエネルギーの面的利用の内容

安定した分散型電源を導入しているか。エネルギーの面的利用について優れているか。

補助事業に必要な補助金の見込み額と期待される事業効果

期待される事業の効果は費用対効果の観点から優れたものか。

理念や事業内容、将来的な展開等を含めた本事業全体の総合評価

将来的な発展性、継続性、モデル事業として期待される波及効果など、本事業に関する総合的な評価はすぐれているか。

※ 有効な提案書が1つに限られる場合には、選考委員会の開催を省略できることとします。また、前年度に採択を受けた複数年度事業であり、事業計画に変更がなく、応募のあった補助金の申請総額が予算を超えない場合には、選考手続をすでに実施したとみなす場合があります。

(5)補助額、補助対象経費及び補助上限額

補助額は補助対象経費の3分の1以内、補助上限額は次のとおりです。

補助対象経費

補助上限額

設計費

1,700万円

設備費

工事費

2 スケジュール

(1)応募書類の提出

6月8日(月曜日)から7月31日(金曜日)まで

※応募される際には、応募締め切りの1週間前までに下記お問い合わせ先まで御連絡ください。

※公募要領等は、以下からダウンロードしてください。

応募様式(公募要領関係)

申請様式(交付要綱関係)

(2)質問受付

受付方法:電子メールで受け付けます。

神奈川県産業労働局産業部エネルギー課分散型エネルギーグループ
電話 045-210-1111 内線4078

※迷惑メール防止のため、メールアドレスは電話でお問い合わせください。

(3)提出方法

神奈川県産業労働局産業部エネルギー課へ郵送してください。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa