初期費用0円で、太陽光発電を!

掲載日:2020年3月30日

「0円ソーラー」について、多くのお問い合わせをいただき、ありがとうございます。
神奈川県では、4月以降順次、このホームページなどで「0円ソーラー」の具体的なプランを紹介しますので、ご期待ください。

「0円ソーラー」とは?

近年、全国各地で多くの自然災害が起こり、大規模な停電が発生しました。こうした中で、災害時の非常用電源としても利用できる太陽光発電の重要性が改めて認識されています。

そのような中、事業者が初期費用を負担して、住宅に太陽光発電設備を設置し、発電した電力を住宅所有者に販売することで初期費用を回収する「0円ソーラー」と言われるサービスが始まっています。一定期間経過後(概ね10年後)は、設備が住宅所有者に無償譲渡されます。

この機会に太陽光発電設備の設置をぜひご検討ください。

▶「0円ソーラー」の仕組み

kankeizuver02

 

「0円ソーラー」4つのメリット

◎初期費用0円で導入可能!

事業者が初期費用を負担するので、住宅所有者は0円で太陽光発電設備が設置可能です。

なお、事業者は発電した電力を住宅所有者に販売することで初期費用を回収します。

◎一定期間経過後は、あなたのものに!

事業者が初期費用を回収後(概ね10年後)は、設備が住宅所有者に無償譲渡されます。

◎非常用電源としても活用でき、停電時も安心!

地震や台風などの自然災害により停電が起きた場合でも電気が確保できます。

非常用電源としての活用についてはこちらもご参照ください。

◎地球温暖化防止にも貢献!

発電時に地球温暖化の原因であるCO2(二酸化炭素)が発生しません。

「0円ソーラー」プランのご紹介

県では、県民や県内事業者の方々に安心して太陽光発電設備を設置していただくために、「かながわソーラーバンクシステム」を運用しています。このシステムでは太陽光発電設備の設置プランを、事業者の申請に基づき登録し、周知を図っています。今回、県民の皆さまへ、「0円ソーラー」の設置プランをご紹介するため、事業者からの登録受付を令和2年3月13日から開始しています。

登録が完了する4月以降順次、このホームページなどでプランをご紹介いたしますので、ご期待ください。

 

 

(事業者の方へ)

令和2年度当初予算に計上している「太陽光発電初期費用ゼロ促進事業費補助」の活用を希望する事業者は、「0円ソーラー」の設置プラン登録が必要になります。

詳細はこちらをご参照ください。