海外現地校からの志願の場合

掲載日:2019年7月25日

海外現地校からの志願の場合《平成16(2004)年4月2日から平成17(2005)年4月1日生まれの人》

【例】アメリカの現地校(9月始業6月修了)に在学中で、日本における学齢が中学校3年生に相当する人が帰国する場合(9年生または10年生に在学中の人)

  • 9年生在学中の人は、現在の学年が令和2(2020)年6月に修了するはずですから、3月に帰国した場合は入学者選抜に志願することはできません。6月にその学年を修了してから帰国すれば、高等学校1年生に編入できる可能性があります。
  • 10年生在学中の人は、9年生を令和元(2019)年6月に修了しているので、令和2(2020)年4月1日までに神奈川県内への転居予定であれば、受検することができます。
  • 学年途中で現地校を退学し帰国する人は、日本の中学校に就学する義務がありますので、速やかに日本の中学校に編入学してください。手続きが間に合えば、入学者選抜に志願できます。

※ 帰国の際は保護者と一緒であることが必要です。

 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa