農業科を設置する県立高校におけるGAP認証の取得について

掲載日:2019年3月26日

GAPについて

GAP(Good Agricultural Practice:農業生産工程管理)とは、農業において、食品安全、環境保全、労働安全等の持続可能性を確保するための生産工程管理の取組のことです。 農業高校や農業大学校において、生徒・学生がGAPを学び、自ら実践することで、農業生産技術の習得に加えて、経営感覚を兼ね備えた人材として必要な資質・能力の育成に資することが期待されます。
 

本県の県立高校におけるGAP認証について

平成30年度は、次のとおりGAP認証に取り組んでいます。
 
学校名(所在地) JGAP認証取得予定生産物
 県立相原高等学校(相模原市)  だいこん
 県立平塚農業高等学校(平塚市)  トマト、きゅうり
 県立中央農業高等学校(海老名市)  小麦
 県立三浦初声高等学校(三浦市)  みかん
 県立吉田島高等学校(足柄上郡開成町)  みかん、さといも、米

 JGAP認証の取得に伴う公開審査について

 平成31年3月25日(月) 県立平塚農業高等学校(学校HP ・・・終了しました

 平成31年3月22日(金) 県立吉田島高等学校(学校HP ・・・終了しました

 平成31年3月15日(金) 県立相原高等学校(学校HP) ・・・終了しました

 平成31年2月7日(木) 県立中央農業高等学校(学校HP) ・・・終了しました

 平成31年2月5日(火) 県立三浦初声高等学校和田キャンパス(学校HP) ・・・終了しました