新「湘南丸」竣工

掲載日:2018年9月18日

新「湘南丸」の竣工式は、平成30年3月21日に無事終了しました

 竣工式、コンテスト表彰、一般公開等の様子は、コチラ

一般公開チラシ

大型実習船「湘南丸」について

県立海洋科学高等学校の「湘南丸」は、マグロはえ縄実習など水産科の教育課程に位置づけられた実習のほか、同校海洋科学科船舶運航コースの3年生と専攻科漁業生産科、専攻科水産工学科の生徒が、大型船の船長や機関長の国家資格である「海技士」を取得するため、海技士養成施設として定められた航海実習を行うために活用している実習船です。

年2回の遠洋航海実習では、それぞれ約2か月の国際航海を行っており、これまでにハワイやグアム、タヒチ、台湾などに寄港し、外地での活動を通してグローバルな人材育成を行っています。毎年4月には、安全な航海を祈念して、三崎漁港で「出港式」を盛大に開催しています。紙テープを握りしめ、全校生徒が大きく手を振って実習生を見送る様子は、とても感動的です。

出港式出港式

また、遠洋航海実習では、船舶運航と漁業生産及び漁獲物の品質管理に関する知識と技術を習得する学習のほか、水産庁の資源調査にも協力しています。

さらに、1泊2日の水産海洋基礎実習や、2週間から1か月程度の内地航海実習など、年間を通して様々な実習を行っているほか、三浦市と連携した「三浦こどもの船」やJAMSTEC(海洋研究開発機構)と連携した調査航海など、地域漁業の振興を踏まえた活動も行っています。

海洋科学高等学校のホームページには、遠洋航海実習の記録が掲載されています。http://www.kaiyokagaku-h.pen-kanagawa.ed.jp/enyokoukai.html

新「湘南丸」一般公開について

次の日時、場所で、新「湘南丸」を一般公開いたします。船内は、長い航海実習でも安心・安全に生活できるよう、様々な工夫を凝らしており、すでに実習を経験している海洋科学高校専攻科生が実習の様子なども話しながらご案内します。ぜひご来場ください。

また、3月21日(水・祝)の横浜港における一般公開では、新「湘南丸」竣工記念として、農業、工業、商業の各高校生がイベントを開催します。この機会に、神奈川で専門を学ぶ高校生の活躍をぜひご覧ください。

 

平成30年3月21日(水・祝) 13時から16時 及び 3月22日(木曜日) 10時から12時、13時から16時

場所:横浜港 大さん橋 国際客船ターミナル CIQプラザ

横浜市中区海岸通1-1-4
みなとみらい線「日本大通り駅」下車徒歩約7分(3番出口)
横浜市営地下鉄/JR「関内駅」下車徒歩約15分

平成30年3月24日(土曜日) 及び 3月25日(日曜日) 10時から12時、13時から16時

場所:三崎漁港花暮岸壁

三浦市三崎3
京浜急行「三崎口駅」から、三崎港行きバスで20分「三崎港バス停」下車徒歩5分

新「湘南丸」竣工記念イベントについて

イベントでは、湘南丸船員による「マグロ」の解体ショーのほか、県内の農業、工業、商業、水産を学ぶ高校生が、日ごろの実習の成果である生産物の販売や作品展示のほか、看護、福祉、総合産業なども含めた県立専門高校の学校紹介などを行います。笑顔で元気な高校生の活躍をぜひご覧ください。

解体ショータイトル

皆さんの目の前で解体します。お楽しみに!!

横浜港・・・平成30年3月21日(水・祝) 13時半・15時の2回

三崎港・・・平成30年3月24日(土曜日) 10時半の1回 

解体ショー

農業

農業科では、農業高校の紹介のほか、実習で生産した野菜、マドレーヌ、レトルトカレーなどの加工製品の販売、実習製品のプレゼント(数量限定)を行います。

工業

工業科では、工業高校の紹介のほか、1年間かけて制作した新「湘南丸」模型の展示、竣工記念限定キーホルダーのプレゼント(数量限定)などを行います。

商業

商業科では、商業高校の紹介のほか、県内の名産品販売や、焼き菓子等のプレゼント(数量限定)などを行います。

水産

水産科では、海洋科学高校の紹介のほか、実習で制作したマグロツナ缶詰等の販売を行います。

 

その他、看護科、福祉科を含む、神奈川の県立専門学科の学校紹介資料を入手できます。小学生、中学生の皆さん、将来の進路選択に向けて、専門学科の魅力をぜひ感じてください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。