沿革

掲載日:2018年2月25日
 
昭和40年4月 神奈川県医師会准看護婦学校として開設。学生定員120名。
昭和41年4月 神奈川県医師会看護婦(2年課程夜間定時制、定員90名)助産婦(定員20名) 学校を併設。神奈川県医師会衛生学院と改称した。准看護婦学科定員240名。
昭和43年7月 神奈川県衛生学院と改称。
昭和46年4月 看護婦学科第一科(3年課程、定員120名)を設置。准看護婦学科定員200名。
昭和51年4月 助産婦学科定員20名を40名に変更。
昭和54年4月 神奈川県衛生看護専門学校と改称。
昭和63年4月 第一看護学科定員150名を300名に変更。
平成14年4月 第一看護学科定員300名を240名に変更。
平成15年4月 第二看護学科を昼間定時制(定員90名)から全日制(定員80名)に変更。
准看護学科を定員160名を80名に変更。
平成18年4月 運営形態の変更に伴い、神奈川県立衛生看護専門学校と改称。
平成18年9月 現在地(横浜市中区根岸町2-85-2)に移転。
平成26年4月 第一看護学科定員240名を360名に変更。
平成27年3月 准看護学科を閉科。

神奈川県立衛生看護専門学校のトップページへもどる

このページの先頭へもどる

本文ここで終了