校長あいさつ

掲載日:2018年4月1日

本校は、助産師学科(1年課程定員40名)、第一看護学科(3年課程定員360名)、第二看護学科(2年課程定員80名の3学科(定員480名)を有する神奈川県内唯一の看護専門学校です。
本校の歴史は、昭和40年まで遡ります。その後昭和54年からは「神奈川県衛生看護専門学校」として、社団法人 神奈川県医師会に教育に関する事務と施設の維持管理を委託していましたが、平成18年4月から運営形態を新たにして「神奈川県立衛生看護専門学校」と名称を変更し、県立県営の看護専門学校として看護職員の養成を行っています。教育に関する事務は、引き続き公益社団法人 神奈川県医師会に委託する中で、毎年多くの卒業生を地域に送り出し、皆さん活躍しています。
看護の仕事は、人のいのち、生と死に関わる仕事です。看護に携わろうとする時には3つの事柄が求められます。クールマインド:確かな技術に裏付けられた冷静で倫理的な判断力、ウォームハート:相手を支える暖かい思いやりのある心、ヒューマンコミュニケーション:豊かな人間性に基づく人と人とのつながり、関わりのできる力、このどれもが大切です。このような看護に携わる方々には十分な資質と適性、そして強い使命感を持ち続けることが求められます。
本校では、入学される皆さんが、学習を通して知識、技術を身につけ、倫理観、人間性の豊かな看護者となれるよう教育をしていきます。看護の道を目指す皆さんが、本校で学んでくださることを願っています。

神奈川県立衛生看護専門学校長 川幡 景次郎

 

神奈川県立衛生看護専門学校トップページへもどる

このページの先頭へもどる

本文ここで終了