歯科衛生士・歯科技工士・保健師・助産師・看護師・准看護師の皆さまへ

掲載日:2019年6月14日

届出票の提出をお願いします

業務に従事している歯科衛生士、歯科技工士、保健師、助産師、看護師、准看護師の方は、法律により2年ごとに届出を行うことが義務付けられています。

今年(平成30年)は、届出を行う年にあたりますので、平成30年12月31日現在業務に従事されている方は、平成31年1月15日までに就業先を管轄する保健所へ届け出をすることになっています。みなさんの届出は、就業場所や雇用形態等、医療行政の基礎資料となります。

届出の提出が必要な方

  • 歯科衛生士
  • 歯科技工士
  • 保健師
  • 助産師
  • 看護師
  • 准看護師

※平成30年12月31日現在業務に従事している方は届け出る必要があります。休暇中、休職中、産休中、育児休業・介護休業中の方も、就業先を退職していない限りは届出が必要です。

届出用紙の配布場所

届出用紙は医療機関、介護施設等へ配布しています。施設の担当者へご確認下さい。

このページから届出用紙をダウンロードすることもできます(Excel・PDF形式)。

ダウンロードする場合は、A4用紙に印刷し保健所等へ届け出てください(メールでの届出はできません)。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa