2-4 食事や生活リズム

掲載日:2019年5月30日

歯みがき以外に、むし歯や歯周病を予防できることは何かありますか?

砂糖を使ったお菓子など甘い食べ物やジュース、炭酸飲料などの甘い飲み物などを控えるとよいということが知られています。ジュースや炭酸飲料などを水代わりに、毎日飲みつづけていると、一度にたくさんの歯がむし歯になりやすいので気をつけたいですね。

たばこを吸っていると歯周病が悪化すると聞きましたが本当ですか?

たばこに含まれるニコチンなどの有害物質が体の抵抗力を弱めるといわれています。抵抗力が落ちると歯周病菌の害を受けやすくなり、歯周病が誘発されたり、悪化することがあります。また、タバコに含まれるヤニが歯につくことで歯の表面がザラザラし、歯垢がつきやすくなります。たばこは歯周病だけでなく、さまざまな生活習慣病に関連していますので、できれば禁煙したいものですね。

たばこを吸っていますが、歯の健康と関係はありますか?

たばこを吸っている人は、吸わない人に比べて、歯周病や、口や喉に癌ができる確率が高く、また歯ぐきの色が悪くなったり、口臭が出たりします。子どもなど直接たばこを吸わない家族にもむし歯ができやすくなったり、歯ぐきの色が悪くなるなどの影響が心配されますので、禁煙したほうがよいでしょう。

不規則な生活を直すためにはどうしたらよいでしょうか?

規則正しい生活を送るためには、食事や睡眠などの生活リズムが一定になることが大切です。そのためには、食後の歯みがきを習慣づけたり、だらだら食べないことなどに気をつけるとよいでしょう。