2-5 入れ歯

掲載日:2019年5月30日

入れ歯は夜寝るときには、はずしたほうがよいですか?

入れ歯は、一日中、歯ぐきに密着して使用しているため、歯ぐきに負担がかかります。そのため夜寝るときははずして、歯ぐきを休ませてあげるとよいでしょう。入れ歯は乾燥に弱いので、はずしたら必ず水につけて保管します。水は毎日取り替えて使いましょう。ただ、はずしてしまうと眠れない場合は、口と入れ歯をきれいにお手入れしてから着けて寝てもよいです。

入れ歯の正しい手入れ方法が知りたいのですが

入れ歯は、おやつの時も含めて毎食後はずして洗いましょう。お手入れには入れ歯の大きさにもよりますが、入れ歯専用の歯ブラシをお勧めします。歯垢は、歯ぐきに密着する面や部分入れ歯のバネの部分にコケのようについていきますので気をつけてみがき、いつも清潔に保ちましょう。1日に1回は洗浄効果のある入れ歯洗浄剤を使用するとよいでしょう。また、部分入れ歯の場合、支えている歯が汚れやすくむし歯になりやすいので丁寧にみがいておきましょう。

歯が抜けたところがそのままになっているのですが

歯を抜けたまま放っておくと、残っている歯が動いてしまうことがあります。抜けた部分を補う治療を受けることによって、いろいろなものが噛めるので栄養が十分に取れる、口元にしわがよらないので顔が若々しく見えるなどの効果があり、いつまでも生き生きした生活が送れることにつながります。

入れ歯は保険診療で作ることができますか?

保険診療でできるものとできないものとがありますので、歯科医院でよく相談し、自分に合った入れ歯を作ってもらいましょう。また、入れ歯は長く使っていると合わなくなってきますので、半年に1回位は作った歯科医院で、入れ歯の状態をみてもらうとよいでしょう。