逗子市逗子7丁目における土壌・地下水汚染について

掲載日:2018年12月20日
2018年12月20日
記者発表資料
(県政・横須賀市政記者クラブ及び鎌倉市広報メディアセンター同時発表)

逗子市逗子7丁目において、土地所有者が自主的に土壌及び地下水調査を実施したところ、環境基準を超過したとの報告が本日ありましたので、お知らせします。

1土地の概要

(1)所在地:逗子市逗子7丁目3番42号(敷地面積64.8平方メートル)
(2)概要:昭和42年3月から平成30年1月まで洗濯業を行う事業所が所在していました。

2調査結果

(1)実施期間:平成30年11月22日から平成30年12月6日まで
(2)地点数:土壌調査地点数1地点、地下水調査地点数1地点
(3)概要

項目 環境基準超過物質 基準超過地点数 最大濃度[mg/L] 基準値[mg/L]
土壌 テトラクロロエチレン  1  0.82 0.01以下
地下水 テトラクロロエチレン  1  0.13 0.01以下

 

3汚染の原因

汚染の原因は特定できていませんが、県条例及び水質汚濁防止法の届出等によると、当該事
業所の建屋内でテトラクロロエチレンが使用されていました。

4今後の対応

県では、早急に当該土地周辺の地下水について調査を行い、周辺への影響を確認します。結
果については、分かり次第お知らせします。

参考資料(PDF:519KB)

問合せ先

神奈川県横須賀三浦地域県政総合センター
環境部長内山 電話046-823-0354(直通)
環境課長森田 電話046-823-0377(直通)

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。