県民参加による県有緑地保全活動に国の交付金が交付されます!

掲載日:2018年9月14日
2018年09月14日
記者発表資料
(県政、横須賀市政記者クラブ、鎌倉市広報メディアセンター同時発表)

県民・国・県が一丸となり、古都鎌倉の美しい景観を保全

 県では、平成29年6月に「県民参加による県有緑地の保全活動に関する指針」を策定し、現在、8つのボランティア団体と緑地の保全活動を行っています。このたび、この活動に対して、国の交付金が交付されることになりました。

 

 1.交付金の内容

 森林の保全活動を実施する地元住民や森林所有者等に対して交付される林野庁の「森林・山村多面的機能発揮対策交付金」

 2.交付を受けた団体

 「山桜を守る会」(鎌倉市常盤)

 「常盤山の会」 (鎌倉市常盤)

 3.対象経費

 刈払機(かりばらいき)やヘルメット、傷害保険費等の経費

 常盤山の会

問合せ先

横須賀三浦地域県政総合センター環境部みどり課

課長 日高 電話046-823-0391