三浦半島の自然を一緒に守りましょう!

掲載日:2019年2月5日

古都鎌倉や大自然三浦の魅力を体感しながら、保全活動を行いませんか?

三浦半島には300haに及ぶ県有緑地があります。皆さまにも緑地の保全活動にご参加いただきたく、平成29年6月28日に「横須賀三浦地域県政総合センター県民参加による県有緑地の保全活動に関する指針」を策定しました。現在、複数の団体が活動を行っておりますが、皆さまのさらなるご参加をお待ちしています!

活動状況【竹林の伐採1】

鎌倉市大船高野の緑地において、市民ボランティア団体の方たちが竹林の伐採を行っています。また、伐採後の竹を利用して、緑地の周囲に設置する柵も作ってくれました。活動前は荒廃した竹林でしたが、皆さまのおかげで、竹林の美しい景観を取り戻しつつあります。

北鎌倉

(活動中)

北鎌倉
(作業前)

北鎌倉
(作業後)

活動状況【竹林の伐採2】

鎌倉市の常盤山頂は、少し前までは竹林が野放図に拡がり、前人未踏の地でしたが、市民ボランティア団体による作業により、視界が拓きつつあります。近い将来には、鎌倉市の絶景を一望できる数少ないスポットとなるでしょう。

常盤山1

常盤山(2)

活動状況【下草刈り&環境学習】

鎌倉市の明月荘跡地にて、地元町内会の方たちが、草刈りを行っています。また、地元の子どもたちを対象として、緑地に生育する草花や生物の紹介など、環境学習を実施しています。この活動を通じて、地元住民同士の交流も芽生えてきています。

明月荘

明月荘