横浜F・マリノスによる認知症未病改善プログラムを横須賀市・三浦市及び海老名市で開催します

掲載日:2019年4月22日
2019年04月22日
記者発表資料
(横須賀市政・厚木・大和記者クラブ同時発表)

県では、平成30年度、横浜F・マリノスに委託し、全国初となるプロスポーツクラブによる認知症未病改善の取組みを横浜市及び大和市で実施しました。平成31年度については、横須賀市・三浦市及び海老名市で開催することとしましたのでお知らせします。
認知症高齢者は、平成37年には全国で約700万人、神奈川県でも約45万人に達すると見込まれています。また、認知症のリスクを軽減(認知症未病改善)させるためには、「食・運動・社会参加」を中心とする生活習慣の改善が大切ということが分かっています。
そこで県と横浜F・マリノスは、高齢者の方々がお孫さんと一緒に楽しみながら参加でき、認知機能改善効果の測定も行う、約半年間の継続的なプログラムとして、「お孫さんと一緒に運動教室 ~楽しく認知症未病改善~」を、6月から横須賀市・三浦市及び海老名市で開催します。
県はこうした取組みを推進し、認知症未病改善の効果的な普及啓発を図っていきます。
また、本日、横浜マリノス株式会社において同様の記者発表を行います。

 実施予定日

(1) 横須賀・三浦会場(平成31年6月~11月 12回コース)

 第1回  6月  1 日(土曜日)  第7回  9月  7日(土曜日)
 第2回  15日(土曜日)  第8回  22日(日曜日)
 第3回  7月

 7日(日曜日)

 第9回  10月  5日(土曜日)
 第4回

 15日(月曜日・祝日)

 第10回  19日(土曜日)
 第5回  8月  10日(土曜日)  第11回  11回  2日(土曜日)
 第6回  17日(土曜日)  第12回  16日(土曜日)

各回9時30分~11時での実施を予定しています。

なお、会場等の都合により、日時が変更となる可能性があります。

第6回 8月17日(土曜日)は、Jリーグ試合観戦等により、終日を予定しています。

(2) 海老名会場(平成31年6月~12月 12回コース)

 第1回  6月  2日(日曜日)  第7回  10月  12日(土曜日)
 第2回  7月  13日(土曜日)  第8回  20日(日曜日)
 第3回

 27日(土曜日)

 第9回  11月  9日(土曜日)
 第4回  8月

 12日(月曜日・祝日)

 第10回  24日(日曜日)
 第5回  17日(土曜日)  第11回  12月  14日(土曜日)
 第6回  9月  23日(月曜日・祝日)  第12回  22日(日曜日)

各回9時30分~11時での実施を予定しています。

なお、会場等の都合により、日時が変更となる可能性があります。

第5回8月17日(土曜日)は、Jリーグ試合観戦等により、終日を予定しています。

2 募集対象

(1) 高齢者とお孫さん(4歳程度~小学校3年生程度)の2名1組で参加される方

(2) 高齢者のみで参加される方

(3) お孫さんのみで参加される方(保護者が同伴してください)

※ 原則、実施予定日(12回コース)の全てに参加いただける方

※ 軽いジョギングやサッカーボールを使用した運動など、軽度の運動ができる方

3 会場

(1) 横須賀・三浦会場

ア 第1~4回、第8回、第10~12回

 横須賀アリーナ(サブアリーナ)/〒238-0051横須賀市不入斗町1-2

イ 第5回、第9回

 潮風アリーナ(メインアリーナ)/〒238-0113三浦市初声町入江169

ウ 第6回

 日産スタジアム/〒222-0036横浜市港北区小机町3300

エ 第7回

 横須賀市立鶴久保小学校/〒238-0051横須賀市不入斗町1-1

(2) 海老名会場

ア 第5回以外

 北部公園体育館/〒243-0431 海老名市上今泉6-14-1

イ 第5回

 日産スタジアム/〒222-0036横浜市港北区小机町3300

4 参加費 

無料(交通費等は各自でご負担ください)

5 予定プログラム

「食・運動・社会参加」を実践し、体力及び認知機能の測定を行います。

実施回 プログラム内容
第1回

オリエンテーション、高齢者の体力及び認知機能測定

第2回から第10回

※横須賀・三浦会場は第6回、海老名会場は第5回を除く

サッカーやチアリーディングを通じて頭と身体を使う運動 【運動】

音楽に合わせて頭と身体を使う運動 【運動】

横浜F・マリノスの食育インストラクターによる食や運動の大切さを伝える講義 【食・運動】 

認知症に関する講義 等

第6回(横須賀・三浦会場)

第5回(海老名会場)

Jリーグ試合観戦(無料)及び試合運営体験 【社会参加】
第11回 高齢者の体力及び認知機能測定
第12回 測定結果の講評、アンケート

※ プログラムの内容は、変更となる可能性があります。

6 申込期限

平成31年5月25日(土曜日)

7 申込方法

横浜F・マリノスのホームページを確認の上、電子メールで次の申込先へお申し込みください。

【申込先】 横浜マリノス株式会社 ふれあい事業部

電子メール:yfm-fureai@marinos.co.jp

8 参加者決定方法等

応募多数の場合、抽選により決定します。

参加決定または落選については、5月29日(水曜日)までに、横浜F・マリノスからメールにて返信します。

9 募集等に関する問合せ先

横浜マリノス株式会社 ふれあい事業部

電話:045-285-0675

メール:yfm-fureai@marinos.co.jp

10 その他

本教室は、認知症の未病改善の観点から実施するもので、サッカーの技術力向上を目指すものではありません。

プログラムを実施中の写真、動画等を神奈川県及び横浜F・マリノスで使用させていただく場合があります。また、報道機関の取材等で、写真・動画等を撮影する場合があります。

イベント保険へは加入しますが、保険適用内での保障となります。

その他詳細については、横浜F・マリノスのホームページをご確認ください。

(参考資料1)総人口及び65歳以上の人口推計(PDF:267KB)

(参考資料2)65歳以上の認知症患者数と有病率の将来推計(PDF:225KB)

 МE-BYО(未病)の概念

「未病」とは、健康と病気を二分論の概念で捉えるのではなく、心身の状態は「健康」と「病気」の間を連続的に変化するものとして捉え、この全ての変化の過程を表す概念です。

grade

未病改善活動3つの取組み

未病改善の基本は「食」「運動」「社会参加」の3つの取組です。

「食」は、毎日の食生活を見直し、健康的な食生活へ改善すること。オーラルフレイル※対策も重要です。

「運動」は、日常生活にスポーツや運動を取り入れること。質の良い睡眠も重要です。

「社会参加」は、ボランティアや趣味の活動等で他者と交流し、社会とのつながりを持つこと。

※心身の機能の低下につながる口腔機能の虚弱な状態

kaizen

問合せ先

健康医療局保健医療部健康増進課
未病対策担当課長 鎌倉 電話045-210-4747
認知症戦略グループ 松谷 電話045-285-0735

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。