大塚製薬株式会社から食育冊子が寄贈されます

掲載日:2019年4月16日
2019年04月16日
記者発表資料

県と大塚製薬株式会社は、平成28年9月1日、「連携と協力に関する包括協定」を締結し、女性向けに健康課題を啓発する「未病女子対策」などの「未病を改善する」取組をはじめ、様々な分野で積極的に連携・協力した取組を進めています。
このたび、「未病を改善する」取組として、県内の全公立小学校5年生を対象として、未病改善ヒーローミビョーマンを活用した食育冊子「朝食を食べよう」及び食育啓発ポスターを寄贈いただくこととなり、県及び大塚製薬株式会社による贈呈式を行いますので、お知らせします。
併せて知事から大塚製薬株式会社へ感謝状を贈呈します。

1 寄贈冊子の概要

名称 食育冊子「朝食を食べよう」
寄贈数 10万部
※併せて、本冊子を周知するため、各小学校に掲示するポスター2,100部を寄贈いただきます。

2 寄贈日時

日時 平成31年4月22日 月曜日 16時30分から
場所 神奈川県庁本庁舎3階 第2応接室
出席者 大塚製薬株式会社 山崎 正三 常務執行役員 営業本部長(兼)営業推進部長
神奈川県 黒岩 祐治 知事

3 概要

食育冊子「朝食を食べよう」の寄贈
県から大塚製薬株式会社へ感謝状の贈呈

4 取材

当日は、取材・撮影が可能です。
(事前連絡不要。直接会場にお越しください。)

5 ME-BYO(未病)とは

「未病」とは、健康と病気を二分論の概念で捉えるのではなく、心身の状態は健康と病気の間を連続的に変化するものとして捉え、この全ての変化の過程を表す概念です gainen
   

6 未病改善3つの取組み

 未病改善の基本は「食」「運動」「社会参加」の3つの取組です。
「食」は、毎日の食生活を見直し、健康的な食生活へ改善すること。オーラルフレイル※対策も重要です。
「運動」は、日常生活にスポーツや運動を取り入れること。質の良い睡眠も重要です。
「社会参加」は、ボランティアや趣味の活動等で他者と交流し、社会とのつながりを持つこと。
※ 心身の機能の低下につながる口腔機能の虚弱な状態
torikumi
   

問合せ先

健康医療局保健医療部健康増進課

未病対策担当課長 鎌倉
電話 045-210-4747
未病対策グループ 倉林

電話 045-210-4746