第11回かながわ食育フェスタを開催します!~未病改善でスマイル~

掲載日:2018年6月25日
2018年06月25日
記者発表資料

県では、県民の皆さまが「食」「運動「社会参加」を通じて、より健康な状態となることを目指す「未病改善」の取組みを推進しています。このたび、ゲームやクイズ、講演、体験プログラムなどで「食」の大切さを親子で楽しく学べる「第11回かながわ食育フェスタ」を開催します。

1 テーマ

楽しく食べて未病改善 ~豊かな心を育む食育~

2 日時場所

○ 日 時:7月31日(火曜日)10時から~16時まで

○ 会 場:新都市ホール(そごう横浜店9階)ほか

講演会は崎陽軒本店6階(横浜市西区高島2-13-12)※新都市ホールから徒歩4分

3 内 容

(1)食育講演会 《事前申込制》※実演あり
 ①講 師 湘南茅ケ崎健康料理教室 「GreenCooking-ABE」主宰 阿部 富美氏
 ②時 間 11時から12時10分まで
 ③場 所 崎陽軒本店6F会議室(横浜市西区高島2の13の12)
 ④定 員 100名(小学校以下は保護者同伴)
 ⑤テーマ    野菜のすばらしさ、ここにあり!~旬の地元野菜で楽しく未病改善~
 ⑥実演メニュー  『トウモロコシとカボチャの炊き込みご飯』
    ~家族が笑顔に!簡単&美味しい地産池消・元気レシピ~
 ⑦申込方法

 ア 往復はがき

 郵便番号、住所、代表者の氏名(フリガナ)、参加人数、電話番号を明記し、

 「〒231-8588(住所記載不要)県健康増進課」あて送付(7月23日消印有効)

 イ 電子申請
7月23日(月曜日)17時15分までに、下記リンク先から、お申込みください。
※ 7月27日までに結果を全員にお知らせします。
※ 応募者多数の場合は、抽選を行います。

 https://shinsei.e-kanagawa.lg.jp/kanagawa/uketsuke/dform.do?id=1529888089039

 

(2)食体験プログラム《当日、参加整理券配布》
「牛乳のお話と手作りバター体験」、「楽しく学ぼう!横浜市場ってどんなところ?」など、食に関する体験やクイズにより「食」について楽しく学べるプログラムや、北海道日本ハムファイターズ、横浜F・マリノスなど、プロスポーツチームの栄養士やコーチによる食育教室などを実施します。 

 食体験プログラム一覧(PDF:324KB)(詳細は、イベントホームページからご確認ください)

(3)その他《申込み及び整理券は不要です》
ア 食育に係る展示など
「夏休み、作って学ぼう 簡単便利メニュー」、「楽しく学ぼう、お菓子と栄養」など、展示やゲームに参加しながら「食」について楽しく学べるプログラムや、栄養士による食事アドバイス、肌年齢測定など「未病改善」に役立つブースを設置します。

イ かながわの県産品即売
 県産品などの展示即売会を行います。

ウ イベントゾーン
「未病改善ヒーロー ミビョーマン」など、多数のキャラクターが出演し、食の大切さをわかりやすくお伝えします

4 主催

○主催 神奈川県

○協賛 神奈川・食育をすすめる会

○後援 関東農政局、横浜市

5 ホームページ

詳細は、かながわ食育フェスタのホームページに掲載しますので、ご覧ください。

 URL:http://www.pref.kanagawa.jp/docs/cz6/evt/me-byo-shokuiku.html

 

6 未病の概念、未病改善活動3つの取組み

「未病」とは、健康と病気を二分論の概念で捉えるのではなく、心身の状態は「健康」と「病気」の間を連続的に変化するものとして捉え、この全ての変化の過程を表す概念です。  gainen

 未病改善の基本は「食」「運動」「社会参加」の3つの取組です。

「食」は、毎日の食生活を見直し、健康的な食生活へ改善すること。オーラルフレイル※対策も重要です。

「運動」は、日常生活にスポーツや運動を取り入れること。質の良い睡眠も重要です。

「社会参加」は、ボランティアや趣味の活動等で他者と交流し、社会とのつながりを持つこと。

※心身の機能の低下につながる口腔機能の虚弱な状態

 torikumi

問合せ先

健康医療局保健医療部健康増進課

未病対策担当課長 鎌倉 電話 045-210-4747
未病対策グループ 倉林 電話 045-210-4746

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。