未病を叫ぶ男 ストーリー

掲載日:2020年2月3日

STORY 映像制作のねらい、ストーリーについて

映像制作のねらい

「なんとなく今日は調子悪いな」「朝から絶好調!」「ひどい風邪をひいてしまった」・・健康と病気の間を行ったり来たり、毎日変わる私たちのココロとカラダ。

その変化の過程「未病」を、毎日の暮らしの中で、少しずつでも、もっと健康になろう、と心がけていただければ、もっと健康に、自分のやりたいことが、もっと楽しめるはず。

それをどのようにお伝えすれば皆さんの心に届き、皆さんの行動につながるのか・・

そこで私たちは、未病が目に見えるようになったら、もっと自分のココロやカラダの未病を意識しやすくなるのではと考え、今回動画を制作しました。

 

 <ストーリー概要>

生活習慣が乱れている中年男性(主役:未病を叫ぶ男)。ある朝、突然、肺が見えるようになっている。肺はゆっくりと白っぽくなったり赤くなったりを繰り返し、特に不調は無いものの、軽い気持ちで男は普段ほとんど行かない病院を受診。自分の「未病」が悪化しているサインであることがわかる。気が付けば、至る所で未病の悪化が見える人が増えており、世の中はパニック状態。未病の悪化が見えていない人もいる中、男はこの問題を解決できるのか—

これは架空ですが、男の未病悪化はこれまで見えていなかっただけなのです。未病の悪化はあなたのすぐそばにあります。あなたの未病は大丈夫ですか?

ストーリー解説

【男の朝】

男の部屋。週末の疲れか、まだ眠っている。忙しさにかまけて、部屋はちらかったまま。お酒、タバコ、バランスの悪い食事・・・

毎日の生活に潜む未病の悪化

過度の飲酒 喫煙

お酒                   たばこ

 

塩分とりすぎ 睡眠

バランスの悪い食事            睡眠

 

【肺に何かが見える】

肺が見える

鏡を見ると肺に突然何かが。

 

 

 

テレビからは、

”未病の悪化が見えるという現象が全国的に拡がり、市民の間では混乱が生じています。この「ライフスタイルパンデミック」は、ライフスタイルの乱れに伴い未病の悪化が進んでいる方に起こっており、一刻も早くライフスタイルを改善するよう行動を起こすことが必要です。”

とのニュースが。

 

【医師から未病の悪化が告げられる】

医師

 普段受診しない病院に行ってみると、医師から「これは未病。このままの生活を続けると大変なことになる」と告げられ、驚く男。

 

 

 

未病改善には、「食」「運動」「社会参加」が重要で、特に男は「食生活の改善」と「運動習慣」を身につけることについてアドバイスを受けるが、自分は健康だと思っていたためショックで医師の声が耳に入らない

 

【未病の悪化が見えて驚く人々】

公園の様子運動している人は未病の悪化状態が見えず、なぜ皆おどろいているのかわからない。ジョギングしている人(未病改善の取組をしている人)のカラダには、未病の悪化は現れていない。

 

 

 

【パニックは全国的なニュースに】

モニターの前でざわざわする人々ざわつく人々。大型モニターに、緊急ニュースが流れている。

 

 

 

 

【未病悪化の広がり】

グラフ2未病の悪化が見えるという現象が爆発的に拡がっています。この現象は、未病が悪化、生活習慣病予備群の方を中心に起こっており、一刻も早くライフスタイルを改善するよう、神奈川県では緊急宣言が出されました。

 

 

【次々と未病の悪化が可視化】

次々と未病の悪化が可視化ある人は肝臓が、 下肢の血管が、脳が、それぞれの未病の悪化が見えてパニックになっている。

 

 

 

 

 

【街でもパニックに】

パニック2街のあちこちで未病の悪化が見える現象が起き、不安に駆られた人々が病院へ殺到するなど、社会全体がパニック状態になっている。

 

 

 

 

【未病を叫ぶ男】

未病を叫ぶ男パニック状態を憂う男。男は自分の未病を改善し、健康的な生活を取り戻すことはできるのか―

 

 

 

 

今でもわかる、あなたの未病を知る方法

健康的な生活のために

 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa