未病改善県民シンポジウム「今からできる認知症への備え」

県では、超高齢社会の到来に向けて、認知症の未病改善の取組みを進めています。この度、県民の皆様に、認知症は自分や家族など誰でもなり得ること、また、生活習慣の見直し等によりそのリスクを軽減できる可能性があることを理解し、認知症について考えていただくきっかけとなるよう、次のとおりシンポジウムを開催しますので、お知らせします。

開催期間

2018年11月10日
13時から16時まで(11時30分開場)

開催場所

名称

パシフィコ横浜会議センター3階 303-304号室

所在地

横浜市西区みなとみらい1-1-1

内容

(1) 基調講演
○ 「認知症は神さまからのプレゼント」
吉田 勝明氏(横浜相原病院院長 神奈川県病院協会副会長)
(2) パネルディスカッション
○ 「今日から始める、認知症予防のABC」
モデレータ:藤原 佳典氏(東京都健康長寿医療センター研究所社会参加と地域保健研究チーム研究部長)
パネリスト:
鶴本 明久氏(鶴見大学歯学部地域歯科保健学教室教授)
望月 選氏(横浜マリノス株式会社ふれあい事業部担当部長)
櫻木 順子氏(シニア読み聞かせボランティアりぷりんと・かわさき代表)
(3) 企業等出展ブース(11時30~16時30分)
体組成測定やタブレットによる認知機能チェックなどの体験や試供品の配布を行います。
出展者:
横浜マリノス株式会社、一般社団法人日本音楽レ・クリエーション指導協会、NPO法人日本ステッピング協会、エーザイ株式会社、健康・栄養クラブマハロズ、アルケア株式会社、日本調剤株式会社、神奈川県高齢福祉課、神奈川県ヘルスケア・ニューフロンティア推進本部室(順不同)

募集人数

300名(申込み多数の場合抽選)

費用

参加無料

申込方法

平成30年10月31日(水曜日)までに、電子申請フォームによりお申込みください。なお、お一人さまにつき1回のみお申込みが可能です(同伴者は1名まで可能)。
メールアドレスあてに参加票の返信をもって当否の連絡に代えさせていただきます。返信は平成30年11月6日(火曜日)頃を予定しており、未病改善県民シンポジウム事務局より行います。参加票は当日、会場受付にてご提示ください。
電子申請フォーム以外からのお申込みについては同事務局へご連絡ください。

電子申請フォームによるお申込み

主催者等

主催:神奈川県
後援:
厚生労働省、横浜市健康福祉局、神奈川県医師会、神奈川県歯科医師会、神奈川県薬剤師会、神奈川県病院協会、神奈川県看護協会、横浜市医師会、横浜市病院協会、tvk(テレビ神奈川)、FMヨコハマ

シンポジウムについてのお問合せ、ホームページ以外からのお申込み

未病改善県民シンポジウム事務局
電話番号 03-6272-5680 (9時から17時まで 土日・祝日を除く)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。