令和3年度神奈川県新生児聴覚検査機器整備事業費補助金について

掲載日:2021年7月9日

目的

聴覚障害の早期発見・早期治療を図るため、小規模の産科医療機関等への聴覚検査機器の購入経費に対し、予算の範囲内で補助を行い、新生児聴覚検査の体制整備を図ります。

概要

補助対象施設

診療所及び助産所

  • 診療所:病床が19床以下の医療施設
  • 助産所:助産師が助産を行う施設(病院及び診療所以外10人以下の入所施設)

基準額

  • 1医療機関当たり240万円

  • 補助率10分の10(補助額を超えた経費は各医療機関等において負担)

対象経費

新規のABR・自動ABRの機器購入費

(千円未満の端数は切り捨て)

(現在、ABR・自動ABRを所有している施設の機器更新は対象外です。)

神奈川県新生児新生児聴覚検査機器購入費補助金交付要綱(PDF:189KB)(別ウィンドウで開きます。)

令和3年度補助施設数

5施設

交付申請書の提出について

次の書類を提出してください。各様式は以下からダウンロードできます。

【交付申請書以外の各種様式は、以下からダウンロードできます。」

申請期限

令和3年8月16日(郵送必着)

審査について

補助施設の選考は、次の1から3の基準に基づき行います。

基準1から優先的に適用します。

  1. 令和2年度の分娩取扱件数が年間50件以上であり、新規にABR・自動ABRを購入する施設(OAEを所有していない施設)で、前年度の分娩取扱件数がより多い施設
  2. 令和2年度の分娩取扱件数が年間50件以上であり、OAEからABR・自動ABRに買換えを行う施設であって、前年度の新生児聴覚検査の実施件数がより多い施設
  3. 令和2年度の分娩取扱件数が年間50件に満たない施設については、新規購入であるか、OAEからの買換えであるかにかかわらず、前年度の分娩取扱件数がより多い施設

交付申請時の留意事項

  • 交付申請書、役員等氏名一覧表、歳入歳出予算書(抄本)の作成日は同一としてください。
  • 申請者には、令和3年12月を目途に、審査結果を通知します。なお、交付決定前に購入した機器は、補助金が交付できませんので、御注意ください。
  • 交付決定後は、速やかに機器の整備を行い、令和4年3月末までに実績報告書を御提出ください。
  • 上記のほか、交付条件等については「神奈川県新生児新生児聴覚検査機器購入費補助金交付要綱(PDF:189KB)(別ウィンドウで開きます)」を必ず御確認ください。
  • その他、御不明な点がございましたら、下記連絡先までお電話で御確認ください。

このページの先頭に戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。