適用除外認定施設

掲載日:2018年4月1日

一定の要件を満たす施設のうち、知事の認定を受けたものは、条例の規制の適用が一部除外されます。

1 適用除外認定施設とは

「神奈川県公共的施設における受動喫煙防止条例」では、第20条に基づき知事の認定を受けた次の施設には、未成年者の立入制限を除き、施設管理者の義務を適用しないこととなっています。

  • 専ら特定の者のみが利用することができる第2種施設であって、当該特定の者以外の者について受動喫煙が生ずるおそれがないもの
  • 専らたばこ又は喫煙具の販売業を営む店舗であって、当該店舗内において客に喫煙させる方法により、これらの商品を販売するもの

2 適用除外認定施設の申請に必要な手続

条例第20条に基づく知事の認定を受けようとする施設管理者は、施行規則第8条に規定する適用除外施設認定申請書(施行規則第10号様式)により申請を行うこととなります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。