受動喫煙防止県民フォーラム「スモークフリー」実施結果

掲載日:2018年2月27日

(1)県民フォーラム概要

名称 受動喫煙防止県民フォーラム「スモークフリー」

日時 平成22年2月6日(土)13:00~15:00

会場 湘南台文化センター 市民シアター

主催等 主催:神奈川県(たばこ対策室) 

共催:藤沢市(会場市)

              協力:スモークフリー推進かながわ基金

    内 容

    オープニングコメント

    ~ 吸わない人には、吸わせない ~

    ゲスト 長谷川 理恵さん (モデル・タレント)

    神奈川県知事 松沢 成文

    写真:オープニングコメント

    「スモークフリーポスターコンクール」表彰式

     

      行政報告

    ~ 「公共的施設における受動喫煙防止条例」施行に向けた取組について ~

    パネルディスカッション

    ~ 『民間との協働による「スモークフリー」の進展に向けて』 ~

    望月友美子さん (コーディネーター)
    (国立がんセンター研究所たばこ政策研究プロジェクトリーダー)

    岩崎拓哉さん
    (禁煙スタイル主宰・株式会社ITスタイル代表取締役)

    村杉汐音さん(「スモークフリー」トライアル週間事業提案者代表)

    松沢成文 神奈川県知事 

     

    写真:表彰式(記念撮影)

     

     

     

     

     

     

    来場者 271名


    (2)参加者アンケート結果

    性別

    男:62名 女:35名 不明:2名 計99名 (回収率 36.5%)

     このページの先頭へもどる
     


    年齢

    年代人数
    10代0

    20代

    5
    30代9
    40代32
    50代34
    60代13
    70代以上5
    不明1
    99
     

     このページの先頭へもどる 


    居住地

    居住地人数
    横浜市27
    川崎市4
    横須賀市5
    平塚市1
    鎌倉市6
    藤沢市23
    小田原市3
    茅ヶ崎市2
    相模原市1
    三浦市1
    秦野市1
    大和市3
    海老名市1
    座間市2
    綾瀬市1
    葉山町1
    福島県1
    埼玉県1
    東京都4
    兵庫県1
    不明10
    99
     

    このページの先頭へもどる


    フォーラムの開催を何で知りましたか?  (複数回答可)

    県HP:7名 県広報:5名 ポスター・ちらし:17名 関係団体:18名 職場:27名 知人・友人:13名その他:15名

      このページの先頭へもどる


    フォーラムに参加したきっかけは何ですか。 (複数回答可)


    テーマ:42名 ゲスト:11名 パネリスト:11名 受動喫煙対策への関心:47名
    自身の活動・生活の参考のため:17名 行政報告への関心:10名 その他:9名

    このページの先頭へもどる 
     


    本日のパネルディスカッションは参考になりましたか。

    選択肢回答数
    参考になった75
    参考にならなかった3
    どちらとも言えない9
     

    理 由

    <参考になった>

    村杉さんの視点や行動力に感心した(9)

    企業の取組みや若者の活動・意識がわかった(9)

    岩崎さんの話が参考になった(6)

    受動喫煙防止に対する認識を再確認できた(4)

    知事の思いに共感した(4)

    たばこによるがん発生への影響力が高いことを知って驚いた(1)

    条例・制度の周知の重要性を知ることができた(1)

    様々な視点でのたばこへの取組みがわかって視野が広がった(1)

    友人に受動喫煙防止について考えてもらうきっかけとなった(1)

    受動喫煙防止対策についてよく知ることができた(1)

     

    <参考にならなかった>

    建前ばかり。喫煙者の声を聞くべき(2)

    インパクトがない(1)

     

    <どちらとも言えない>

    パネリストはまだ問題の本質をよく理解していない(1)

    今日のフォーラムに参加するような人には長時間の詳しい説明は不要(1)

    このページの先頭へもどる
     


    4月から施行される「神奈川県公共的施設における受動喫煙防止条例」についてどのような形でお知りになりましたか。

    選択肢回答数

    県のたより

    45

    市町村の広報紙

    9

    新聞報道

    36

    県提供のテレビ・ラジオ

    8

    県提供以外のテレビ・ラジオ

    8

    タウン紙など

    5

    雑誌

    2

    街頭キャンペーン

    16

    県が主催する講演会や説明会

    19

    リーフレット

    11

    ポスター

    16

    県のホームページ

    20

    県以外のホームページ

    0

    家族・友人からの情報

    8

    加入している団体等からの情報

    19

    その他

    14

     

    このページの先頭へもどる


    条例の内容をさらに普及していくためにどのような施策が有効だと思いますか?

    選択肢回答数
    今回のようなフォーラム・講演会27
    キャンペーン等によるチラシの配布32
    事業者への説明会53
    その他30
     

    「その他」の内訳

    メディアを積極活用した広報(12)

    学校での普及啓発(4)

    町内会での周知(2)

    たばこのパッケージでの案内(1)

    注意すること(1)

    ネット広告(1)

    知事自らによる啓発(1)

    子どもに対して県独自の禁煙教育の実施(1)

    徹底した罰則の適用(1)

    たばこを一箱1,000円位にする(1)

    公共交通機関内の放送アナウンス(1)

    分煙では受動喫煙を防げないことの啓発(1)

    施行後の効果・評価の広報(1)

    抜き打ちで検査する等の厳しい対策(1)

    働く人の所属する会社・家族への支援・普及(1)

    このページの先頭へもどる


    受動喫煙防止を効果的に進めるために行政に期待することは何ですか。

    選択肢回答数
    受動喫煙による健康への悪影響についての普及啓発52
    喫煙者へのマナー向上のための普及啓発43
    禁煙を希望する喫煙者への禁煙支援や未成年者への喫煙防止教育50
    施設の管理者等が実施する受動喫煙防止対策への経済的・技術的支援26
    県受動喫煙防止条例の円滑な施行19
    受動喫煙防止のための規制の強化38
    行政としての取組みは十分である1
    その他7
     

    「その他」の内訳

    路上喫煙に対する警察による取締(1)

    喫煙者に対する指導の推進(1)

    守れないときは罰則強化(1)

    完全禁煙を実施しているお店への表彰(1)

    お店を通報する仕組み(通報ダイヤル)作り(1)

    あいまいな分煙のお店への厳重な指導(1)

    行政の横の連携の強化(1)

    このページの先頭へもどる


      本文ここで終了

    本文ここまで
    県の重点施策
    • 未病の改善
    • ヘルスケア・ニューフロンティア
    • さがみロボット産業特区
    • 県西地域活性化プロジェクト
    • かながわスマートエネルギー計画
    • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
    • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
    • ともに生きる社会かながわ憲章
    • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa