神奈川県歯及び口腔の健康づくり推進計画

掲載日:2018年10月31日
ミビョーナ・ミビョーネ

神奈川県歯及び口腔の健康づくり推進計画を一部改定しました(平成30年10月)

1 策定の経緯

 県では、歯と口腔の健康づくりに関する施策の総合的かつ計画的な推進を図り、県民の生涯にわたる健康の保持増進に寄与することを目的として、「神奈川県歯及び口腔の健康づくり推進条例(以下「条例」という。)」を平成23年3月4日に公布、7月1日から施行しました。条例第11条において、知事は、歯及び口腔の健康づくりの推進に関する計画を定めるとしていることから、「神奈川県歯及び口腔の健康づくり推進計画」を策定しました。

2 一部改定の趣旨

 平成30年3月に条例が改正されたことにともない、同条例に新たに加わった基本理念及び基本的施策を反映し、本県の歯科保健施策の更なる充実を図るため、計画の一部改定を行いました。

3 一部改定の概要

 改正条例の基本理念及び基本的施策に関する内容を追加拡充しました。

 (1)基本理念

 歯及び口腔の健康づくりは、未病の改善につながるものとして、県民自らがその意義を自覚して取り組むこと

 (2)基本的施策

 ア 歯科と医科との適切な連携による歯及び口腔の健康づくりに関する取組の推進

 イ オーラルフレイル対策の推進

 ウ 乳幼児期から高齢期までのそれぞれの時期に応じ、歯科検診及び歯科保健指導を定期的に受けることの勧奨

 エ 保護者による適切な健康管理がなされていない幼児、児童及び生徒に係る歯及び口腔の健康づくりの推進

4 一部改定計画

 神奈川県歯及び口腔の健康づくり推進計画(一部改定)(PDF:6,120KB)

 

中間評価について

「神奈川県歯及び口腔の健康づくり推進計画」では、計画の中間年度(平成29年度)に、中間評価を行い、報告書をまとめました。

「神奈川県歯及び口腔の健康づくり推進計画」中間評価報告書(PDF:2,271KB)

 

参考資料:健口(けんこう)かながわ5か条

県民が、生涯にわたり歯と口腔の健康を保持増進するために、子どもから高齢者まで共通した自らが取り組む行動目標を「健口(けんこう)かながわ5か条」として、神奈川県歯及び口腔の健康づくり推進計画策定時に掲げました。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。