ホーム > 産業・働く > 業種別情報 > 建築業 > 建築確認について > 神奈川県建築基準条例の一部改正について

更新日:2024年5月20日

ここから本文です。

神奈川県建築基準条例の一部改正について

神奈川県建築基準条例の一部改正について

 

2050年カーボンニュートラルの実現に向けて住宅・建築物の省エネ対策を強力に進めるため、「脱炭素社会の実現に資するための建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律等の一部を改正する法律」が令和4年6月17日に公布され、建築基準法等関係法令が3年以内に段階的に改正施行されます。

そのうち、1年以内に施行されるものとして、断熱改修や再生可能エネルギー設備の設置等に係る容積率、建蔽率、高さの限度等の建築形態制限の特例許可が新設される等の改正が行われることから、これに関連する神奈川県建築基準条例を一部改正することとし、令和5年4月1日から施行します。(令和5年3月20日神奈川県条例第25号)

 

関係資料

神奈川県建築基準条例の一部改正についてPDFファイル(PDF:104KB)
神奈川県建築基準条例(昭和35年神奈川県条例28号)新旧対照表PDFファイル(PDF:108KB)
 

関連ページ

神奈川県建築基準法施行細則の一部改正について

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は県土整備局 建築住宅部建築指導課です。