県道60号(厚木清川)の御門橋が2月26日に開通します

掲載日:2018年4月25日

交通安全の確保や交通利便性の向上などが期待されます

この度、県道60号(厚木清川)の御門橋(橋長12.0m)の架け替え工事が完成しますので、お知らせします。

1事業概要

県道60号(厚木清川)は、厚木市松枝の松枝交差点から清川村煤ケ谷の県道64号(伊勢原津久井)に至る主要な幹線道路です。
旧御門橋は、昭和14年の架橋から約80年が経過した老朽橋であるうえ、道幅も狭く、車のすれ違いが困難な状況であったため、平成25年度から架け替え工事を進めてきました。

2開通による効果

新しい橋への架け替えにより、大型車両のすれ違いが可能となり、交通安全の確保が図られるとともに、交通利便性の向上、防災機能の強化が期待されます。

3開通及び記念式典について

(1)開通日時
平成30年2月26日(月曜日)15時

(2)完成記念式典
日時 同日10時より
場所 県道60号(厚木清川)御門橋 完成記念式典会場(御門橋橋上ほか)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa