国道129号戸田交差点の立体交差(アンダーパス)開通後の交通状況についてお知らせします

掲載日:2018年4月25日
国道129号と県道22号(横浜伊勢原)が交差する戸田交差点においては、平成29年3月25日に立体交差(アンダーパス)が開通しました。立体交差開通後の交通状況の変化について、お知らせします。

1.交通状況の変化
アンダーパス開通前は、最大で380mの渋滞が発生していましたが、開通後、戸田交差点を先頭とする渋滞は、ほぼ解消しました。これは、約20分の時間短縮効果にあたります。

2.関連工事
今後も側道の歩道整備工事や舗装工事を実施してまいります。また、戸田交差点の北側に計画されている新東名高速道路厚木南インターチェンジ(平成29年度開通予定)と、国道129号を接続する道路の整備にも取り組んでいますので、引き続き、この工事も進めてまいります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa