平成30年度震災対策訓練を実施しました。

掲載日:2018年11月22日

 本県においては、東海地震や県西部地震などの切迫性が指摘され、首都直下地震の発生も懸念されているところです。そのような中、平成23年3月に東北地方太平洋沖地震、平成28年4月に熊本地震、平成30年9月には北海道胆振東部地震など、各地で巨大地震が発生しています。

 県土整備局では、大規模地震に備え、発災時の迅速かつ円滑な復旧活動や職員の危機管理意識の向上を図るため、毎年度震災対策訓練を実施しています。

 今年度、県土整備局所属で訓練を実施し、当事務所では下記の通り訓練を行いました。

1 訓練実施日時

  平成30年11月20日(火)9:00~12:00

  協定業者との意見交換会15:00~17:00

2 訓練参加機関

  ・神奈川県、厚木土木事務所、リニア中央新幹線推進事務所

  ・災害時応急活動等の協定を締結している団体及びその団体の加盟業者

  ・県立公園指定管理者

  ・厚木市

3 主な訓練内容

  ・初動配備体制の確立

  ・情報の受伝達

 

訓練の様子(情報伝達訓練)

情報受伝達1

情報受伝達2

 

訓練の様子(現場対応訓練)

現場対応訓練

 

意見交換会の様子

意見交換会

 

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる