令和3年度「中学生の主張inかながわ」発表大会結果

掲載日:2021年9月29日

令和3年9月26日(日曜日)14時00分より、「中学生の主張inかながわ」発表大会を県立青少年センターにおいて実施しました。今年は920人の応募者の中から作文審査で選ばれた7名の中学生が、日頃抱いている思いや伝えたいことを、自分の言葉で元気に発表しました。
審査の結果、平塚市立春日野中学校2年前田乃裕さんの作品「心の石」が最優秀賞(神奈川県知事賞)に選ばれました。最優秀賞を受賞した前田さんと発表作品を、独立行政法人国立青少年教育振興機構主催の「第43回少年の主張全国大会」に、神奈川県代表として推薦いたしました。

第43回少年の主張全国大会―わたしの主張2021― のご案内

今大会は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、実施方法がWEB開催に変更されました。詳細は、国立青少年教育振興機構のWEBページをご覧ください。

発表大会詳細

開催日時

令和3年9月26日(日曜日) 14時00分から16時10分

会場

県立青少年センター2階 HIKARI(多目的プラザ)
〒220-0044 
横浜市西区紅葉ケ丘9-1

主催

神奈川県
独立行政法人国立青少年教育振興機構

プログラム

  • 開会
  • 「中学生の主張」発表
  • アトラクション style-3! 演奏
  • 結果発表 表彰 講評
  • 閉会

後援

神奈川県教育委員会 神奈川新聞社 NHK横浜放送局ロゴ tvkロゴ

神奈川県青少年育成アドバイザー連絡協議会

審査結果

審査結果は以下のとおりです。(敬称略)
※後日、作文を掲載します。

優秀賞

賞・名前 題名 学校名・学年

最優秀賞(神奈川県知事賞)
前田 乃裕

心の石

平塚市立春日野中学校・2年

優秀賞(神奈川県教育長賞)
山崎 咲美

言葉にすること 横浜共立学園中学校・3年

優秀賞(神奈川県福祉子どもみらい局長賞)
枝廣 咲希

「非効率」を選ぶ 神奈川県立相模原中等教育学校・3年

優秀賞(神奈川新聞社賞)
内田 匠海

毎日を笑顔でいるために 平塚市立春日野中学校・2年

優秀賞(NHK横浜放送局長賞)
藤田 理沙

「書く」ということ 神奈川県立相模原中等教育学校・3年

優秀賞(tvk賞)
髙橋 光

「あたりまえ」を「ありがとう」 鎌倉市立深沢中学校・3年

優秀賞(神奈川県青少年育成アドバイザー連絡協議会会長賞)
木下 瑛羽

リンゴの木 横浜市立戸塚中学校・1年

 

奨励賞(50音順)

名前 題名 学校名・学年

江夏 悠真

背景、いろいろ 横浜市立大綱中学校・3年

大野 瑛万

魔法の言葉 平塚市立春日野中学校・3年

木村 玲菜

「誰か」を「自分」に 横浜共立学園中学校・3年

栗原 沙和

「男性ですか、女性ですか」 横浜共立学園中学校・3年

小泉 天佳

わたしは私になりたい 神奈川県立相模原中等教育学校・3年

桜田 璃央

なくなってほしいこと 伊勢原市立山王中学校・3年

下田 葵

二人の私 相模原市立上溝中学校・1年

谷 淳広

僕が感じたこと 慶應義塾普通部・1年

古谷 葵

織りなすグラデーションの世界 横浜市立大鳥中学校・3年

ヤマノ アドリアナ

「見えない傷」 伊勢原市立山王中学校・2年

 

発表大会の様子

発表大会

会場の様子1

会場の様子

会場の様子2

会場の様子

挨拶

館長あいさつ

主張1

神奈川県知事賞 前田 乃裕さん

主張2

内田 匠海さん

主張3

枝廣 咲希さん

主張4

木下 瑛羽さん

主張5

髙橋 光さん

主張6

藤田 理沙さん

主張7

山崎 咲美さん

 

アトラクション style-3! 演奏

アトラクション1

会場の様子

アトラクション2

会場の様子

 

表彰

 

最優秀賞

最優秀賞

講評

講評

集合写真

表彰者 集合写真

副賞

副賞(いぶき会作)
最優秀賞 箱根寄木細工のボールペン
優秀賞 漆塗りのボールペン
奨励賞 箱根寄木細工のバインダー

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa