ひきこもり地域理解促進事業 平成30年度実施事業(前期)のお知らせ

掲載日:2019年2月14日

ひきこもり・不登校などの問題で悩んでいる本人、家族、支援者等による自主的な取り組みの活性化と、地域住民のひきこもり問題に対する理解促進を図るため、ひきこもり青少年の親の会もしくは自助グループ又は支援団体と神奈川県立青少年センターの共催により、次のとおり研修会や勉強会を実施します。

参加を希望される方は、各事業実施団体の問い合わせ先までご連絡ください。

平成30年度事業一覧(団体名五十音順)

事業名・団体名【所在地】

事業内容

「自分」を伝える「言葉と音楽と対話」~つながることで、ひがろう!!~

 

アーモンドコミュニティネットワーク  

 【 横浜 】

(終了しました。)

内容:ひきこもっていた青年が書いた「詩」が「歌」となり、さらに「絵コンテ」となって「アニメーション」が生まれました。青年たちとの「言葉・音楽・対話」の活動をとおし、「ひきこもり」を伝え、未来に向かう「ひきこもり」支援を考える集まりです。(「歌の公演」と「アニメーション上映」と「傾聴と対話」の会です。
講師:木村真紀氏(シンガーソングライター・作曲家)

   ファシリテーター:法人理事長と法人心理カウンセラー(青少年専門)
日時:平成30年8月5日(日曜日)13時00分から16時00分
会場:法人拠点「アーモンドホープセンター」
費用:300円
対象:神奈川県内のひきこもり・不登校問題を抱える青少年と親、地域住民、民生委員主任児童委員、区社協会員、傾聴勉強会の参加者、地域連携団体
定員:30人
問合せ先:電話 045-594-7586 

メール npoacn@gmail.com

ホームページ http://almodcommunitynetwork.com/

フェイスブック http://www.facebook.com/NPOAlmondCommunityNetwork/

鎌倉市、逗子市、葉山町、近隣の方のひきこもり者の家族の勉強会

 

鎌倉会

【 鎌倉 】

(終了しました。)

 

 

内容:「突然のひきこもり、長期に亘るひきこもり」「家族・社会とのコミュニケーション、繋がり方」及び「老齢化していく家族と本人の将来の暮らし」など、ひきこもり者を抱える家族が日ごろ悩んでいる事柄をテーマにして、講師からアドバイスを得ながら、現状認識と対処の仕方等について学びます。
講師:第1回・第2回:明石紀久男氏(NPO法人遊悠楽舎)
日時:第1回平成30年7月18日(水曜日)13時30分から16時30分
   第2回平成30年10月17日(水曜日)13時30分から16時30分
会場:鎌倉市社会福祉協議会(鎌倉市)
費用:無料
対象:鎌倉市、逗子市、葉山町、近隣のひきこもり者の家族
定員:20人
問合せ先:電話090-7249-4890(事務局)

ひきこもりや不登校について考える講演会「すべての若者が生きられる未来を」 

 

コロンブスアカデミー  

 【 横浜 】

(終了しました。)

内容:社会の変化にともない、青少年をとりまくリスクも多様化するなかで、そうしたリスクへの対応力に乏しく、ひきこもりや不登校などの状態になっている青少年たちをどのように支援すれば良いか、様々な視点から考えていきます。

講師:宮本みち子氏(放送大学名誉教授・千葉大学名誉教授)
日時:平成30年6月23日(土曜日)15時00分から17時10分
会場:横浜市磯子区東町モンビル6F(横浜市)
費用:無料
対象:横浜市周辺に住むひきこもり、不登校の若者を抱える家族とその支援者、地域住民

定員:100人
問合せ先:電話045-761-0167

ひきこもり中の我が子との意思疎通~~発達的視点を活かして~~ 

 

すばる(共催 かたつむり)【 平塚 】

(終了しました。)

内容:ひきこもり中の我が子の現状は‟発達障がい”からきたものでは、という疑問について、その関連性について学習します。当事者との接し方を深く知ることで、親と当事者との関係改善について考えていきます。

講師:渡辺真樹氏(発達障がい児・者支援ゆくりあ代表)
日時:平成30年9月27日(木曜日)14時00分から16時30分
会場:平塚市民活動センター(平塚市)
費用:200円
対象:すばる会員、県内のひきこもり者の家族、及び関心のある方
定員:50人
問合せ先:電話0463-55-5971(代表 菊地)

つぼみ学習会

~ひきこもり支援の‟あったらいいな”を語り合いましょうPART II~

 

つぼみの会 (ひきこもる家族を持つ親・きょうだいの会)

【 藤沢 】

(終了しました。)

内容:昨年度、同じテーマで開催した学習会において見えてきた、「あったらいいなと思う支援」について参加者の声をまとめた資料を作成しました。今年度も同じテーマで、講師の話を聞くとともに、昨年度まとめた資料も活用しながら、地域の支援者を交えた参加者同士の話合いをさらに深めたいと考えています。それぞれの家族が幸せに暮らしていくために、あったらいいと思う支援について、具体的な声を届け続けることで、地域に支援の輪が広がることを願って開催したいと思います。

講師:第1回・第2回:明石紀久男氏/田代美花氏(NPO法人遊悠楽舎)
日時:第1回 平成30年11月7日(水曜日)13時30分から16時00分
   第2回 平成30年12月5日(水曜日)13時30分から16時00分
会場:藤沢市保健所(藤沢市)
費用:200円
対象:つぼみの会会員及び県内のひきこもる家族を持つ親・きょうだいの方
定員:第1回:20人・第2回:30人(先着順)
問合せ先:Eメール tubominokai2014@gmail.com

     電話 080-1019₋7261(18時00分~21時00分)

    (申し込みは10月10日(水曜日)から先着順で受付)

「おだやかな自立への道に向けて、親の役割を考える~ひきこもり「8050問題」の向きあい方~」講演会

 

横浜ばらの会(KHJ全国ひきこもり家族会連合会 横浜支部)

【 横浜 】

(終了しました。)

内容:ひきこもりの子を持つ親の人生とその子どもの人生について考える講演会。子ども自身が自分の人生について自分で考え、目標や希望を持てるようになるためには、親がどのようなことに気を付けて実践すればよいか。高年齢化(親子ともに)への対策(心構え)は?また、ひきこもっている間に本人ができることや、地域の方々にお願いしたいことなど、ひきこもり経験者からのメッセージも紹介しながら、皆で考えます。

講師:池上正樹氏(ジャーナリスト・日本文藝家協会会員)
日時:平成30年9月29日(土曜日)13時30分から16時15分
会場:神奈川県立青少年センター(横浜市)
費用:200円(当事者は無料)
対象:ひきこもりの当事者家族・ひきこもり当時者及び経験者・支援関係者・その他関心のある方
定員:60人
問合せ先:電話 090-5764-3366(代表 鈴木)

        090-5993-6340(講演会担当 大竹)

 Eメール n-otake@c01.itscom.net(大竹)

       ybara.taki@gmail.com(滝口)