かながわ青少年支援・指導者育成指針の概要

掲載日:2018年3月12日

「かながわ青少年支援・指導者育成指針」の概要

指針の全文

指針改訂の「ねらい」

(1) 青少年指導者養成をめぐる環境の変化に伴い、指導的関わり方だけでの養成では不十分な状況となってきたため、青少年の社会的自立を支援する関わり方ができる大人・若者の育成も明確に打ち出し、より効果的な青少年育成が図れるようにすること。

(2) 地方分権推進の趣旨などを踏まえ、県、市町村、青少年関係団体のそれぞれに相応しい役割分担とすること。

(3) 時代のニーズに応えられる役割を盛り込み、三者の役割をできるだけ明確にすることで、連携組織である神奈川県青少年指導者養成協議会の機能をより充実させ、活性化させること。

名称、用語の整理

指針の名称について

次のとおり用語を整理し、名称を「かながわ青少年指導者養成総合計画(指針)」から「かながわ青少年支援・指導者育成指針」へ変更することにした。

  • 「かながわ青少年指導者養成総合計画(指針)」は、内容が実行性と成果を問う「総合計画」ではなく、方向性を示す「指針」となっていることから「指針」としての性格を明確にし、あわせて総合という言葉を削除して「指針」とした。
  • 青少年をめぐる環境及び青少年自身の変化に伴い、指導的な関わり方だけではなく、青少年の持っている能力を引き出すための支援が必要になっていることから、支援を鮮明にし、指導から支援・指導の方向を明確に位置づけていくために、「指導者」を「支援・指導者」に置き換えた。
  • 「養成」は白紙から専門家を育てる意味合いを強く感じるので、既に支援や指導の活動に従事している人も含めて育てる意味合いのある「育成」という言葉に置き換えた。

指針で言う「青少年支援・指導者」について

「青少年支援・指導者」は、例えば親や地域の大人などを含めた青少年に関わるすべての大人を指しているのではなく、青少年活動や地域活動で実際に青少年を支援する、あるいは指導する大人や若者を指している。

指針で言う「青少年」「子ども」「若者」について

「青少年」とは概ね30歳未満の子ども・若者のことを言う。
また、「子ども」は小学生の時期までとし、「若者」は中学生・高校生の時期以降を指している。

指針の適用時期について

この改定指針は、平成16年度から適用する。

このページの先頭へもどる

指針の概要(指針の全文)

  • 第1章 青少年支援・指導者育成の基本的考え方
  • 1 青少年育成の視点
    青少年の育成にあたり、「多様な体験学習の促進」「主体的な参画の促進」「社会的自立の支援」の3本柱を視点とした。
  • 2 青少年支援・指導者育成の視点
    青少年支援・指導者の育成にあたり、「指導から支援・指導へ」「若者の特性を活かす」「多様な支援・指導の関わり」の3本柱を視点とした。
  • 第2章 青少年支援・指導者育成への取り組みと役割分担
  • 1 取り組みの方向
  • (1)人材育成
    様々な状況下にある青少年を社会的に自立させるための支援・指導を行う多様な人材の育成をする。
    • ア 技術・能力の向上を図る研修体系の充実
    • イ 効果的な青少年支援・指導者育成研修の開発と普及
  • (2)活動支援
    青少年支援・指導者に対し、青少年活動を展開する上で必要な活動支援を行う。
    • ア 情報収集・提供等
    • イ 活動しやすい環境づくり
  • (3)連携・調整
    「人材育成」「活動支援」を円滑に進めるために、県・市町村・青少年関係団体等が連携・調整を図る。
    • ア 人材育成の面(裾野の拡大、学校教育機関への情報提供)
    • イ 活動支援の面(青少年活動の場の紹介・提供等)
  • 2 役割分担
    県は「広域性」、市町村は「地域性」、青少年関係団体は「独自性」というそれぞれの特性を活かした役割分担を担う。

このページの先頭へもどる

参考資料

参考資料-1

青少年支援・指導者育成の今後の方向性について

1 青少年を取り巻く社会状況

2 青少年育成をめぐる今日的課題

3 青少年育成の方向

4 青少年指導者養成推進にあたっての課題

5 「かながわ青少年指導者養成総合計画」の見直し

参考資料-2

県・市町村・青少年関係団体の役割、支援・指導者の役割について

1 県・市町村・青少年関係団体の役割関連図

2 青少年活動・地域活動における支援・指導者の様々な役割について

  • 人材育成

    活動支援

    連携・調整

参考資料-3

1 体験学習について

2 子ども・若者の参画について

子どもの参画

参画のはしご

子ども・若者の参画の意義、参考になるホームページ

3 「児童の権利に関する条約(子どもの権利条約)」について

子どもの権利保障に関するおもな成果

条約の名称について

条約の位置づけ

条約の基本

意見表明権について

「子どもの参画」という考え方へ

資料 「児童の権利に関する条約」 政府訳(前文、第12条)

このページの先頭へもどる

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa