神奈川県青少年相談支援情報サイト 相談方法について

掲載日:2018年7月5日

電話相談の画像1

電話相談、来所相談、メール相談、FAX・手紙相談、訪問相談など、それぞれの相談方法の特徴を理解して、自分に合った相談方法を見つけてください。

電話相談

  • 多くの相談機関で行っており、受付時間内であれば予約なしでできます。
  • 相談員と顔を合わせず、匿名でできる場合があるので、比較的気軽に話すことができるのではないでしょうか。
  • 継続して同じ相談員への相談を希望しても、対応できない場合があります。

 

電話相談の画像2

来所相談

  • 相談機関等に赴き、相談員と顔を合わせて話すことで、継続した関係を築きやすくなると思われます。
  • 出かけることで、考えを整理するきっかけとなったり、利用する機関を見学する機会ともなります。
  • 予約制としているところが多いようです。場所や時間が制約されます。
  • 行政機関の相談窓口は基本的に無料ですが、民間支援団体や医療機関での相談は有料のところが多いようです。
  • 遠方の場合、時間的、費用的(交通費)負担がかかります。

 

相談の画像1

メール・FAX・手紙による相談

  • 自分の思いを文字にして見直すことができるので、新しいことに気づいたり、問題を客観的に捉えることができるかもしれません。
  • 但し、実施している機関や団体は、多くはありません。
  • 返信までに、日数がかかる場合があります。

相談の画像2

訪問相談

  • 外出できない場合であっても、直接、相談員と話すことができます。
  • 相談する方以外のご家族が、望まない場合もあるかもしれません。事前に、家族や相談員と話し合われた方がいいでしょう。

相談の画像3 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa