かながわ生まれの新しいダイコン「湘白」

掲載日:2018年5月14日

神奈川県育成ダイコン新品種「湘白(しょうはく)」

県農業技術センター、県内生産者野路稔氏、横浜植木(株)の3者共同で育成し、平成27年6月19日に品種登録されました。

湘白

’湘白’(しょうはく)誕生の背景

三浦ダイコンは、煮大根やなますで食味の良いことが知られていますが、収穫に労力がかかることなどから現在、神奈川県内でも生産量は限られています。そこで、食味が良いことに加え、現在主流の青首ダイコンと同様、総太りの形状で収穫がしやすく、調理がしやすい白首ダイコン品種の育成をめざしました。

まず、肉質柔軟で煮食に適した秋づまり系のダイコン品種’大蔵’(おおくら)と、県内生産者野路稔氏の父・重丸氏が三浦ダイコンの都系から育成した、肉色が純白で多汁質なダイコン品種’晩野路’(おくのじ)を交配し、食味の良い系統を野路稔氏と共同で育成しました。これを花粉親とし、県内種苗会社である横浜植木株式会社の所持する系統と交配し、一代交雑手法を用いて、先端から首部までまっすぐな総太りの形状で、生食で甘みが強く、加熱調理で煮崩れることの少ない’湘白’が誕生しました。

湘白の品種特性[PDFファイル/2MB]

[概要]湘白の特性、育成経過等

首が白いダイコン

「湘白」は青首ダイコンと異なり、根全体が白いダイコンです。

煮ダイコンに最適

肉質がしっかりしていて、煮くずれが少なく、おでん、ブリ大根など、煮物に向いています。

サラダにもどうぞ

色白で甘みがあり、食感がパリパリしています。

葉も利用できます

葉は毛じが少ないので、みそ汁の具や炒め物に利用できます。

11月中旬頃から店頭にならびます

新しい品種ですので、まだまだ県内での生産量は少ないですが、11月中旬頃から年末にかけて、県内の直売所等で販売される予定です。是非お試しください。

調理例

湘白とニンジンのサラダ

「湘白」とニンジンのサラダ スティックや、さいの目切りにして、お好みのソースで。

湘白のふろふき大根

「湘白」のふろふき大根 ゆず味噌を添えて。

湘白のブリ大根

「湘白」のブリ大根 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる