平成26年度サイエンスサマー「子ども科学教室」

掲載日:2018年5月14日

ロゴ

小学校4年生から6年生を対象に、科学に興味を持ち、さらにその意欲を高めてもらえるようサイエンスサマー「子ども科学教室」を実施しています。本年度は8月6日(水曜日)、13時30分から15時30分に3教室を実施しました。その様子を紹介します。


各教室の様子

やってみよう、植物組織培養

野菜の種子を培地に植えたり、試験管内で育てた野菜苗を鉢に植え替えて、植物組織培養を体験しました。

植物1 植物2
組織培養について学びました 試験管内の野菜苗を鉢へ移植しました
 

ナシの新品種と親品種をくらべてみよう

当所育成品種「香麗」、「なつみず」と親の品種「筑水」、「あけみず」、「喜水」について、外観や品質を調査し比較しました。また新品種の育成方法について学びました。

ナシ1 ナシ2
品種の育成について学びました

いろんな品種の固さや甘さを測定し比較しました

 

土の不思議な働きを体験しよう

いろんな土壌をもちいて、青インク(陰イオン)、赤インク(陽イオン)の吸着実験を行い、いろんな土壌の性質を調査比較しました。

土1 土2
いろんな土壌について学びました 土壌の吸着実験を行いました
 

 

参加者数

教室名 対象児童 保護者・同行者 合計
やってみよう、植物組織培養 6名 8名 14名
ナシの新品種と親品種を比べてみよう 9名 8名 17名
土の不思議な働きを体験しよう 8名 4名 12名
合計 23名 20名 43名

 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa