農総研ニュース第2号

掲載日:2018年5月14日

第2号バナー

QuickAccess

[もくじへ]

[第30号第29号第28号第27号第26号第25号第24号第23号第22号第21号]
[第20号第19号第18号第17号第16号第15号第14号第13号第12号第11号
[第10号第9号第8号第7号第6号第5号第4号第3号第2号創刊号]



かながわ農林水産研究フェアへのご招待

県民の皆様に農業総合研究所、畜産研究所、水産総合研究所、森林研究所で開発された研究成果をご理解していただくために、かながわ農林水産研究フェアを開催します。このフェアは「見て、触れて、学ぶ」をキャッチフレーズに技術の進歩や研究成果が暮らしの中にどのように役だっているのかを知って頂くために実物展示や実験・実習の体験など盛り沢山な催し物を用意いたしております。
また、県内で生産された野菜や果物、農林水産物の加工品などのかながわブランド産品の即売も行います。大勢の皆様のご来所を心からお待ちしております。

  • とき:平成7年11月17日(金曜日)、18日(土曜日)午前9時から午後5時(18日は午後4時まで)
  • ところ:県農業総合研究所(平塚市上吉沢1617)


「主な催しものの内容」

  1. 展示--4研究機関の研究成果について、実物展示
    • トピックスコーナー(バラの新品種「ラブミーテンダー」、タマネギの新品種「早生湘南レッド」、リンゴを食べる蚕、高付加価値卵、神奈川の珍しい魚等)
    • ヘルシーコーナー(葉柄を食べるサツマイモ、桑茶、絹入りアメ、DHA入り卵等)
    • バイテクコーナー(組織培養植物の展示、バイテク雌性化ヒラメ等)
    • ハイテクコーナー(ホウレンソウのミニチュア養液栽培装置、栽培漁業のマダイ・ヒラメ稚魚の展示等)
    • 環境対策コーナー(微生物利用による病害虫防除、都市ゴミの再利用、畜産臭気の微生物脱臭等)
  2. 試飲、試食--研究成果、内容に係わる食べ物等の試飲、試食(新香味茶、桑茶、DHA入り薫製卵、イカ塩辛等)
  3. 体験--分析機器を使用しての研究体験(見学者による糖度の計測、森林の香り体験)
  4. 農林水産業紹介(県内の農林水産業の紹介)
  5. 研究施設ウォークラリー(施設見学を兼ねたウォ一クラリー、参加者に各種プレゼントを用意)
  6. かながわブランド産品の展示と即売(湘南トマト、神奈川みかん、秦野落花生、足柄茶、三浦わかめ等)

    <研究の動き>
    イチゴ栽培の省力・軽作業化への取り組み

    イチゴのロックウール高設栽培 ビニールハウスや温室でのイチゴ栽培は、労働時間の50から60%が収穫・調製作業で非常に多くの労力を必要とします。さらに、イチゴを栽培している場所は畝間が狭くて仕事がしにくいうえに、かがんだ姿勢の作業が多いので農家の若者からは敬遠されがちです。
    このようなイチゴづくりを続けていたのでは、作り手の不足から農家は減る一方で、消費者の方に本県のおいしいイチゴをお届けできなくなってしまいます。そこで、当所ではイチゴの苗を人間の腰の高さの位置に植えて、楽な姿勢でイチゴづくりをする方法を研究しております。
    しかし、高い位置にイチゴを植えるのに土を使っていたのでは、ベンチづくりや水、肥料等を施す作業も大変です。
    このため、土の代わりにロックウール(岩石を熔して綿状にしたもの)を使い、肥料は水に溶かしてイチゴに与えることにしました。
    この方法ですと、1.立ち姿勢でイチゴづくりができ、きつい作業から開放される、2.ロックウールを使った養液栽培にすることにより管理作業が楽になり、かつ肥料も養液を分析して、不足した成分を補えば良く、計算どおりのイチゴづくりができる、3.養液を循環式にすることにより肥料の有効利用が図れ、環境保全にも役立つ、などの効果が期待できます。
    今後は、これらの研究に加えて、大きなイチゴ果実を生産し、収穫と同時に箱詰めできる方法も開発していきたいと考えております。

    (生産技術部)
    ↑イチゴのロックウール高設栽培

    見て楽しんで、食べられるミ力ンのコンテナ栽培

    ウンシュウミカンのコンテナ栽培 本県のウンシュウミカン栽培面積は1,860ヘクタールで、37,800トン(平成6年)が生産され、重要な特産果樹となっています。しかし、多種多様な果物類が豊富に出回るようになるとともに、消費の好みも多様化して甘くておいしい果実が求められるようになりました。
    そこで、当所の根府川試験場ではミカンの樹をコンテナで栽培することにより、高品質ミカンを早く生産し、コンテナごと販売する新商品開発の試験をしています。この方法は根の発育範囲を制限し、土壌水分や肥料の効き方を調節できます。その結果、結実が早まり、糖度も13から15%と高くなり、さらに均一な果実が収穫できることが明らかになりました。
    また、消費者の方に5から10kg結実している樹の値ごろ感を聞いたところ、不織布ポット(布袋)で3千円、野菜用コンテナで4千円、大型プラスチック鉢植えで5千円という希望が寄せられ、植えられている容器により評価が大きく異なることが分かりました。
    このように神奈川にあったおいしいミカンづくりの研究を今後とも進めてまいりますので期待していただきたいと思います。

    (根府川試験場)
    ↑ウンシュウミカンのコンテナ栽培


    天敵や有用微生物を利用した病害虫防除への取り組み

    地球規模の環境間題が深刻化している中で、農業では、水質や土壌環境などに対する影響の軽減や食料の安全性の向上対策などへの取り組みが強く要望されています。
    当所では、農薬や化学肥料の使用をなるべく少なくするため、天敵昆虫を使った害虫防除技術や土壌中に生息する微生物のさまざまな働きを利用して作物の病気を防ぐ、環境と調和した農業技術(生態系活用型農業技術)の開発に取り組んでいます。
    野菜づくりの上で非常にやっかいなコナガ、アザミウマ、オンシツコナジラミなどの害虫の防除には、これらの虫に寄生したり捕食する天敵昆虫を利用した防除法を研究し、ウリ科野菜の根腐病、トマト、シクラメンの萎ちょう病など土壊伝染性の病害については、抗生物質や毒素などを生産する微生物を利用して病原菌の繁殖を抑制する研究に取り組んでいます。(下図参照)
    また、田や畑に施した肥料成分の土壌中での動きや作物による利用状況を速くかつ的確に把握するための技術(土壌・作物栄養診断技術)を開発し、環境への影響を少なくするための施肥管理技術の研究も進めています。

    (農業環境部)


    立ち枯れ病菌に阻止帯を作るNB22
    立ち枯れ病菌に阻止帯を作るNB22


<現地ルポ>
サトイモ新品種「神農総研1号」の普及状況

「神農総研1号」は当所が育成したサトイモの新品種です(平成3年6月品種登録)。
親芋は丸形で小さいのですが、子芋と孫芋は俵型で大粒になります。特に孫芋は1株当たり10から15個とたくさんつき、肉質は子芋、孫芋とも緻密で色が白く、中粘質で煮崩れしにくく、食味が良い品種です。
種芋の生産は、県経済農業協同組合連合会が行っており、平成6年から「俵芋」の商標で販売を開始しました。平成6年度の経済連の種芋生産は790kg(79アール分)、販売実績は20トンでした。
サトイモの産地である藤沢市亀井野で、25アールすべてに「俵芋」を導入している農家は、「乾き地に浅植えし、十分に土寄せして、夏場潅水する」というこの品種にあった栽培をしていたため非常に良い成績を上げており、値段の良い9月中旬に出荷できたと好評でした。
しかし、平塚市丸島では約60アールに試験的に栽培されていましたが、今まで作っていた品種に比較して、農家の評価は芳しくありませんでした。作り方を農家の方に聞いたところ、品種に合った栽培法を取り入れていなかったのが原因のようでした。新しい品種を栽培するためには、品種に合った栽培技術を守ることが大切で、これが大きく出来映えを左右することをあらためて痛感しました。

(取材、企画調整部)



トラクターによるサトイモの堀取り

トラクターによるサトイモの堀取り



<お知らせ>
農林水産情報センターのご案内

県民の皆様がいつでも簡単に、迅速に農業情報をご利用いただけるよう農業総合研究所に「農林水産情報センター」を設置しました。ここでは試験研究の成果や地域の気象情報等を収集、蓄積しています。
お手持ちのパソコンに通信用ソフトとモデムがあれば、県内どこからでも電話回線を通じてご利用できます。
まだ、テスト運用中のためデータは読み取りだけですが、将来は農業情報発信基地として皆様のご期待に沿えるように整備、拡張していきます。
利用に際しての要点は次のとおりです。

  1. 利用できる情報(パソコン通信による情報提供は終了しました)
    • 研究成果情報:農業総合研究所、畜産研究所、森林研究所、水産総合研究所の研究成果(年1回更新)
    • 気象情報:県内(平塚、根府川、三浦、津久井)の平成7年4月からの気象データ(風向、風速、気温、湿度、日照、降雨量等)(日々更新)
    • 図書情報:各研究機関保有の図書(8万冊)(年2回迫加更新)
  2. 利用できる日時----1年中利用できます。ただし、火曜日と木曜日の午後1時から3時まで、機械調整のためシステムが停止します。
  3. 使用料------------データは無料です。ただし、電話使用料は利用者負担となります。
  4. 利用方法----------ホストアクセス番号と通信条件は次のとおりです。
    • 電話をかけ接続します。idはkainと入力して、リターンキーを押します。
    • 画面に従って操作してください。
    • 詳しくは経営情報部にお問い合わせください。
(1)ホストアクセス番号 0463-58-6788
(2)ホスト通信条件
1 MNP 使用しない
2 通信速度(bps) 1200-2400
3 データビット長 8ビット
4 パリティ なし
5 ストップビット 1ピット
6 Xon/Xoff あり
7 ローカル・エコー なし
8 文字コード シフトJlS
9 CRを受信した時 そのまま
10 リターンキーを押した時 CRを送る

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa