webnews10 ギャバ金ラット

掲載日:2018年5月11日

 

タイトルロゴ

 

★ 高血圧ラットを使用した「ギャバ金太郎」の血圧上昇抑制作用の実証 ★

 

 

血圧グラフ


血圧上昇抑制作用のあるγ-アミノ酪酸(GABA)含有量を高めた茶として市販されている「ギャバ金太郎」を使用して、高血圧自然発症ラット(SHR)に対する血圧上昇抑制作用の実証試験を行いました。

試験は、SHRを「ギャバ金太郎」を与えた区(8匹)、対照として水を与えた区(8匹)の2群に分けて行いました。また、エサは各区ともに同じものを与え、試験期間中自由に食べられるようにしました。

その結果、「ギャバ金太郎」を与えた区では、対照区と比較して、最高血圧が6.7mmHgから19.2mmHg低く推移しました。ところが、「ギャバ金太郎」の給与を19週齢で中止し、水給与に変更すると血圧は2週間後(21週齢)から上昇し始めました。反対に、水を与えていた区に、19週齢から「ギャバ金太郎」を給与すると血圧は3週間後(22週齢)から低下しました。その差は、対照区と比較すると7.7mmHgから12.5mmHgでした。

これらのことから、「ギャバ金太郎」はSHRの最高血圧を低下させることが確認されましたが、その効果を持続させるためには継続して摂取する必要があると考えられます。

 

 

 

 

(津久井試験場)

 

 

 

 


前の記事へ次の記事へ10号のタイトル一覧へ

 

 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa