webnews10 アルテミス

掲載日:2018年5月14日

 

タイトルロゴ

 

★ 月の女神「アルテミス」デビュー ★

 

 

 

 

 

 

アルテミス3

 

 

 

 




当所で育成したスイートピー「アルテミス」が品種登録されます。

「アルテミス」は世界で初めて育成された冬咲き性の淡い黄色で美しい花形を特徴とする品種です。

白色の品種「イースターパレード」とわい性の混色系統「ビュー」の赤花を交配して得られたこども(F1)はすべてピンクになり、その孫(F2)に淡い黄色の株が現れました。この株から花形が良く、切り花として適した性質を持つものを繰り返し選抜して、新しい品種を作りました。

完全な冬咲きタイプなので11月から収穫でき、県内の栽培に適しています。花弁がきれいに開き、華やかな印象を受ける品種で、花色は春先には黄色みが増しいっそう鮮やかになります。

やわらかな淡い色合いは他の花と組み合わせやすく、花束やテーブルデコレーション、ブーケなど広い用途があります。この冬には、県のオリジナル品種として生花店の店頭にデビューし、みなさまにやわらかな春の香りをお届けできることでしょう。

品種名は、花の色が月を連想させるので、ギリシャ神話の月の女神(アルテミス)の名をとりました。

アルテミスは平成10年7月に品種登録され、現在現地試験中です。

 

 

 

 

(生物資源部)

 

 

 

 

 

 

 

アルテミス1アルテミス2

 

 

 

 

 

最初の記事です 次の記事へ
10号のタイトル一覧へ

 

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる