webnews14号 メロン・スイカ・トマト・イチゴの美味しさの基準

掲載日:2018年5月14日
webnews14号バナー
 
★ メロン・スイカ・トマト・イチゴの美味しさの基準


メロン・スイカ・トマト・イチゴなど果菜類の美味しさの基準(品質評価基準)は、産地のブランド確立に重要です。

そこで、消費者や市場の品質評価基準を把握するために、神奈川県内の消費者、神奈川・静岡・愛知・大阪の卸売市場関係者を対象に、美味しさの基準をどこに置いているかを調べるため、AHP評価手法という方法を用いて調査を行いました。

AHP評価手法とは、評価基準となりうる項目を、図1のような階層に分けて設定し、回答者にどれが重要かを選択してもらい、どの項目がどの程度重要かが数値として現れる方法です。
図1 品質評価に関するAHP階層図
図1 品質評価に関するAHP階層図

この結果、食味の重要度が他の項目よりも高く、さらに食味の中では、甘味の重要度が高くなりました。また、地域によって重要視する項目が異なりました。
市場におけるメロンの品質評価重要度
図2 市場におけるメロンの品質評価重要度

以上のように、多彩な消費者ニーズ、地域性等を把握し、農産物のブランド化を進めていくことが重要です。
(経営情報部)
 
前の記事へ 次の記事へ
14号のタイトル一覧へ
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa