webnews14号 トマト・環境保全型農業の実証試験(1)  化学肥料、農薬とも75%減

掲載日:2018年5月14日
webnews14号バナー
 
★ トマト・環境保全型農業の実証試験(1) 化学肥料、農薬とも75%減


施設園芸においても環境に配慮した環境保全型農業の推進が求められています。

そこで、当所ではこの栽培法を総合的に評価するため、
農薬や化学肥料の使用を控えた栽培区(実証区)従来どおりの栽培区(慣行区)
を設け、生育、収量、品質の違いや労力、経済性等を明らかにする実証試験を実施しました。


作型は促成トマト栽培で、使用した温室の規模、品種、耕種概要については表1に、また試験区の内容を表2に示しました。
実証区では、土壌消毒は熱水散布で行い、肥料は、ぼかし肥を主に施し、受粉にはマルハナバチを用い、害虫防除には天敵(オンシツツヤコバチ)を利用しました。
表1 試験温室・品種・耕種概要
試験温室 165m2ガラス室(2棟)
品種 ハウス桃太郎、ろくさんまる
耕種概要 は種10月15日、定植12月7日
表2 試験区の内容
  土壌消毒 肥料 受粉 防除
慣行区 バスアミド 化学肥料ほか ホルモン処理 化学合成農薬
実証区 熱水 ぼかし肥ほか マルハナバチ オンシツツヤコバチ

その結果、実証区では元肥肥料にぼかし肥を主に施用したので、化学肥料の使用量は慣行区の約75%減となりました(チッソ換算)。

農薬の使用については、葉カビ病や灰色カビ病防除のため殺菌剤を3回散布し、また低温期の天敵放飼の効果が低かったため、2月に殺虫剤を1回散布する結果となりました。
しかし、農薬の総使用回数は慣行区の約25%ですみました(図1)。
図1 農薬の使用回数

5月に入ると実証区では、コナジラミ類が著しく増加しましたが、この時期の天敵導入効果が高く、6月には密度は急速に低下しました(図2)。
図2 コナジラミ類誘殺頭数

収量は、総収量、上物収量とも実証区ですぐれ、特にマルハナバチ受粉による空洞果を減少させる効果が顕著に現れました(図3)。
図3 一株当たりの収量(ハウス桃太郎)

このように、促成トマト栽培においては慣行法より70%以上、農薬・化学肥料を減らすことが可能であり、またマルハナバチ効果により高い上物収量を得られることが分かりました。

次回は、内容成分への影響、労働負担、経済性評価についてお伝えします。

ぼかし肥:有機質肥料に生土と水を加え、1か月程度ねかせて作った堆肥
(所内プロジェクトチーム)
 
前の記事へ 次の記事へ
14号のタイトル一覧へ
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa