webnews15号 タマネギとスイートコーンの2作を1回の施肥で

掲載日:2018年5月14日
農総研ニュース第15号

タマネギとスイートコーンの2作を1回の施肥で
農業環境部 



ポリエチレン製の黒マルチを使った栽培は、水分保持や地温の上昇といった効果があり、作物の生育が良好になりますが、一度張ってしまうと肥料をまきにくいという欠点もあり、まだ使えるのに次の作付けのために剥ぐことになってしまいます。

そこで、黒マルチを連続して使えるように、2作分の肥料を1回で与えてしまう肥料の組み合わせを考えました。それが今回のタマネギとスイートコーンの2作分をタマネギ前に全量入れてしまう方法です。

窒素肥料が地温に応じて直線的に効いてくる70日型とS字状に途中から効いてくるS140日型の被覆肥料を使って、2作分の肥料を70日型:S140日型の比で14:18の割合でまき、黒マルチを張ってから作付けをします。これでマルチを剥がさず2作に使用でき、タマネギの追肥やスイートコーンの施肥が不要になるので、タマネギを収穫しながらいつでもは種もしくは定植が行えます。

このように作業を省力化できるだけではなく、従来より2割肥料を減らしても収量は変わらないという結果も出ています。

タマネギとスイートコーンの2作分1回施肥の作業の流れ
 
タマネギとスイートコーンの2作分1回施肥の作業の流れ

前の記事へ 次の記事へ
15号のタイトル一覧へ
本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる