webnews20号 マット植物をご存知ですか?

掲載日:2018年5月14日
webnews20号バナー
マット植物をご存知ですか?
生産技術部

緑化植物のうち、地表面を覆うために利用される植物を「グランドカバー植物」といいます。タマリュウやフッキソウ等、色々なところで目にすることができます。

これらは従来ポット苗を利用していましたが、植え穴を掘るために定植に手間がかかる、植物が育つまで見映えがしない、隙間に雑草が生えるため管理に手間がかかる等の問題点がありました。「マット植物」はこれらの問題点を解決するために、グランドカバー植物を薄い容器の中で育成し、根を絡み合わせて1枚のシート状に仕立てたものです。利用方法は緑化したい場所に敷き詰めるだけです。

マット植物は、高速道路の中央分離帯、公園、イベント会場等の広い面積での需要の他に、今後は花壇、ロックガーデン、屋上やベランダ緑化等の個人的な需要も増えると思われます。
「ロニセラ・ニチダ」5月にマット容器に挿し木をして半年経過したもの
「ロニセラ・ニチダ」 5月にマット容器に挿し木をして(写真左)、半年経過したもの(写真右)
 
前の記事へ 次の記事へ
20号のタイトル一覧へ
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa