webnews20号 バラ新品種「湘南キャンディ レッド」誕生

掲載日:2018年5月14日
webnews20号バナー

花束やフラワーアレンジメントに最適
バラ新品種「湘南キャンディレッド」誕生!!
生物資源部

今シーズン、バラの新品種「湘南キャンディレッド」がデビューします。赤のスプレータイプで、キャンディのように丸みを帯びた花を咲かせる、かわいらしい品種です。

スプレータイプのバラ新品種「湘南キャンディレッド(全景) バラは、神奈川県の花き栽培の主要な品目であり、農業総合研究所では、昭和54年より本県の気候条件や作型に合い、品質が高く、多収性のオリジナル品種の育成に取り組んできました。

これまでにスタンダードタイプの「フレンドソニア」「ブライダルソニア」「湘南ファンタジー」、スプレータイプの「ブライダルファンタジー」「ラブミーテンダー」「スターマイン」の6品種が品種登録されており、今年度新たに7番目の品種登録の出願を行いました。
↑スプレータイプのバラ新品種「湘南キャンディレッド」

スプレータイプのバラ新品種「湘南キャンディーレッド」近影 「湘南キャンディレッド」は、1996年に当所で育成した中間母本同士の交配により育成されました。花色は明るい赤色(表面:濃赤0408、裏面:鮮赤0107)で、裏面の方がややピンク味を帯びています。

花形はカップ咲き、花弁のタイプは半剣弁、花弁数は平均41枚と多く、スプレータイプとしてはやや大きめの花を咲かせます。花は切り花1本あたり5輪程度つき、側蕾は少なく、花の高さがよくそろいます。

切花用として、年間を通じて安定して収穫することができ、養液耕栽培等にも適しています。

今後、赤くてかわいらしい花と草姿の良さから、花束やフラワーアレンジメント等に幅広く利用されることが期待されます。

色の呼称及び番号は日本園芸植物標準色表によります。
最初の記事です 次の記事へ
20号のタイトル一覧へ
本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる