webnews21号 メロンの優良品種は?

掲載日:2018年5月14日
webnews21号バナー
メロンの優良品種は?
三浦試験場

昨年7月12日に(社)日本種苗協会主催「第52回日本そ菜原種審査会」のメロン審査会が三浦試験場で開催されました。この審査会は、三浦半島の栽培体系に適した露地トンネルメロンの優良品種を選定するために行われました。

当日は好天に恵まれ、当試験場内において同一条件で栽培した16社28品種について、他県の試験研究機関や各種苗会社などの担当者が審査員となり、審査が行われました。

写真:審査の様子 ほ場で各種の生育状況等を審査した後、1品種につき8株のメロンの果実を収穫し、果実の外観、食味の審査を行いました。その結果、1等特が1点、2等が1点、3等が3点の計5点が入賞しました。
今回出品された品種は、ネットが緻密で盛り上がっており、ハウスメロンのような高級感のある品質を持ったものが多く見られました。今後は各品種の特性を調査し、審査の結果と併せて地域に適した品種を検討しています。
(写真)審査の様子
表 入賞品種の果実特性
 
前の記事へ 次の記事へ
21号のタイトル一覧へ
本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる