webnews21号 スリムなトマト品種「SPL8」誕生!!

掲載日:2018年5月14日
webnews21号バナー
スリムなトマト品種「SPL8(育成番号)」誕生!!
生物資源部

当所では、これまでに神奈川らしいトマトの新品種の育成に取り組んできましたが、生食にも調理(クッキング)にも適したスリムなF1品種「SPL8(育成番号)」ができあがりました。

写真:SPL8(育成番号) 果実の大きさは90g程で、これまでにないイタリアンタイプの長円形をしています。果色は濃桃色、果肉は多果汁で、鮮やかな赤色をしています。
Brix(糖度)は大玉トマトと同程度ですが、ビタミンCは一般品種の1.5倍、抗酸化作用が注目されているリコペンも一般品種の1.7倍以上あるなど栄養価も一段とアップしています。

さらに酸度が低く、アミノ酸含量が高いので、クッキングにも適した用途の広いトマトです。
(写真)「SPL8(育成番号)」

写真:SPL8(育成番号) この新品種は、低温でも良く成長し、小葉で非常にコンパクトな草型を示しますので、施設を利用した促成、半促成栽培が最も適しています。

花数が多く、1花房当たり4から6果着果させると、12から13段収穫で一株当たり5から6kgの収量が得られます。

また、土壌病害の発生が心配な場合は一般のトマト台木品種も利用できます。
写真:促成作型での着果状況(2月上旬)

現在、県内22戸の農家で試作されていますが、いずれも好評であるため、来年度には品種登録申請していく予定です。今後は、地域特産品化できることを期待しています。
(写真)促成作型での着果状況(2月上旬)
 
最初の記事です 次の記事へ
21号のタイトル一覧へ
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa