webnews22号 「作物別・作型別経済性指標」を改訂しました

掲載日:2018年5月11日
webnews22号バナー
「作物別・作型別経済性指標」を改訂しました
経営情報部

当所では生産者に対し、野菜作の経済性の目安として昭和45年に「野菜作の経済性標準指標一覧」を策定しましたが、以後、技術内容や社会環境の変化に応じて計6回の改訂を行ってきました。

そしてこのたび、県内農家、農業団体、地域農業改良普及センターなどの協力を得て、「作物別・作型別経済性標準指標一覧2002年改訂版」ができあがりました。今回の改訂では、前回の1995年改訂以後に調査した技術内容の変化を組み込むとともに、作物別では今まで策定されていなかった花き部門や果樹部門について、作型別ではロックウールを利用した新しい栽培方式や環境保全型の栽培方式などについて新規に追加しました。

表 新規に追加された作物・作型
この改訂により野菜作では32作物77作型、普通作では4作物6作型、花き類では5作物6作型、果樹類では2作物2作型の計43作物91作型の指標が整備されました。

本書は、県内農協の本所、地域農業改良普及センター、行政センター等に配布してあります。
前の記事へ 次の記事へ
22号のタイトル一覧へ
本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる